ChaosGroup License server 5.1.0 に更新

ChaosGroup License server 5.1.0 がリリースされました。

V-Ray Next をご利用の場合はアップデートする事を推奨致します。
また、Windowsの新しいクリエイターズアップデートでサービスが削除されることはありません。
加えて、いくつかの主要なUI(特に製品内訳セクション)の変更が行われています。

ダウンロードはChaosGroup.comより

Changelog - v5.1.1 ( May 23, 2018 )

変更点:

  • ライセンス詳細UIが大幅に変更されました。
  • リモートマシンからはドングルの移行を開始できない様に変更
  • ドングルライセンスでは、ドングルのシリアルポートをサポートしなくなりました
  • Linux用のインストーラはデフォルトで実行可能ファイルになりました。
  • インストーラ名が cgls_ _.に変更されました
  • UIヘルプへのリンクが使用バージョンに合ったのドキュメントを指すようになりました
  • V-Ray for Katana 1.0からV-Ray for Katana 3.0への名称変更
  • ドングルライセンスにて、Nextのライセンスを3.xとして使用する事をサポートします

不具合の修正

  • Windows Creatorアップデート(1803)でライセンスサーバーのサービスが削除されません
  • ライセンスサーバー5.xは3.xライセンスサーバーが稼働中でも正しくインストールできます。
  • ライセンスサーバーのアクティベーションが失敗した場合、ライセンスサーバーが報告します
  • Windowsで未使用のvrlctl.cmdを削除しました。
  • エラーが発生した場合は、一時的なリモートプログラミングコンテキストファイルを削除します
  • 4.xライセンスを3.xライセンスとして使用すると、まれにサーバー障害が発生する問題を修正
  • ドングルを使用する場合は、ライセンスサーバーのメモリ使用量が以前より少なくなりました
  • ファイルに問題がある場合bundles.jsonの処理が改善されました。
The following two tabs change content below.