V-Ray 3.6 for SketchUp でバッチレンダリング

V-Ray 3.6 for SketchUp には複数の SketchUpファイルを自動的にレンダリングするバッチレンダリング機能がありません。(1つのSketchUp内で複数の"シーン"をレンダリングする事は可能)

V-Ray Next for SketchUpでV-Ray Rhino相当のバッチレンダリング機能が搭載される見込み(あくまで予定)ですが、ChaosGroupフォーラムの以下に現行バージョンでバッチレンダリングするスクリプトが公開されています。

https://forums.chaosgroup.com/forum/v-ray-for-sketchup-forums/v-ray-for-sketchup-wishlist/1005399


使い方

まず、レンダリングしたいSketchUpファイルを任意のフォルダへ集めます。例えば D:\render

次に、任意のレンダリングイメージの出力フォルダを決めます。例えば D:\render\images

SKP_Batch_Rendering_01.zip をダウンロードして展開します。SKP_Batch_Rendering_01.rb ファイルが出てきますので、テキストエディタ等で開きます。

一番最後に 以下の部分を見つけてください

SimpleRenderTest.new(
input_path: "input path",
output_path: "output path"
)

こちらを先程のフォルダパスに書き換えます。input path = SketchUpファイルのあるフォルダ、output path = レンダリングイメージの出力フォルダです。

先程の例だと

SimpleRenderTest.new(
input_path: "D:\render",
output_path: "D:\render\images"
)

となります。なお、SketchUpのRubyスクリプト内でパス表記にはバックスラッシュ[\]ではなくスラッシュ[/]を使用する必要があるので最終的に以下のように書き換えます。さもないと動作しません

SimpleRenderTest.new(
input_path: "D:/render",
output_path: "D:/render/images"
)

最後に、SketchUpを起動して ウィンドウ >> Ruby コンソールを開き、スクリプト全体をペーストして実行するか、以下のように.rb ファイルへのrequireを記述します。

require 'D:\script\SKP_Batch_Rendering_01.rb'

 

上手くいくと、指定したフォルダ内にある全ての SketchupファイルがV-Rayでレンダリングされます。

The following two tabs change content below.