V-Ray 5 for SketchUp

リアルタイムとフォトリアルレンダリングが一体化

SketchUp用の
究極のビジュアリゼーションツール

V-Ray for SketchUpは「リアルタイム」レンダリングと「フォトリアル」レンダリングの両方が搭載された
オールインワンのレンダリングソフトウェアです。初心者からプロまで、V-RayにはSketchUpプロジェクトを
最初から最後までビジュアライズする為にに必要なすべてのツールが備わっています。

デザインをリアルタイムに確認

Sketchupのデザインをリアルタイムで表示するのがとても簡単になりました。
「V-Ray Vision」(※)を使用すると、SketchUpで作業しながらデザインをリアルタイムで確認できます。
モデル内を歩いて移動したり、マテリアルを入れ替えたり、ライトとカメラをセットアップしたりできます。
これらは全て、ライブリアルタイムビューで行われます。

ビデオを見る >

© Rezvan Hosseinian

可能な限りリアルにレンダリング

V-Rayでは、物理的に正しいライト、カメラ、マテリアルを使用して、可能な限り現実に近い光の振る舞いを
シミュレーションします。現実世界でデザインがどのように見えるかを正確に確認できます。
実際に建築される前に、できるだけ本物に近いイメージを得る事ができます。

主な機能を見る >

次のプロジェクトで有利なスタートを切りましょう

V-Rayには、あらゆるシーンに適用でき、直に利用可能な何百ものマテリアルが付属しており、
ビデオチュートリアル[英語]、 無料のテクニカルサポート[日本語]、および役立つフォーラム[英語]
にアクセスできます。.

© Orlando Diaz
© Larch Studio

V-RayはSketchUpの究極のパワーアップツールです

V-Ray と SketchUp は完璧なコンビネーションです。
SketchUpは、建築と設計に世界で最も広く使用されている3Dモデリングソフトウェアです。
そしてV-Rayは建築ビジュアライゼーション業界で世界で最も使用されているレンダリングソフトウェアです。
この2つを組み合わせると、デザインを次のレベルに引き上げるのに最適な組み合わせになります。

新機能を紹介

V-Ray 5 for SketchUp, Update1 では、すぐにレンダリングできるアセットやHDRI Skyのコレクションを無償提供します。さらに、
Intel Open Image DenoiseのサポートによりCPUでのノイズ除去速度を強化し、V-RayVisionとVFBCompositorにさらに多くの機能を導入しました。

Chaos Cosmosの導入

シーンに密度を!

現在、V-Ray for SketchUpには、厳選されたアセットライブラリであるChaos Cosmosが付属しており、パースモデルのストーリーをより適切に伝えることができます。家具、アクセサリー、照明、植物、乗り物、人などの重要なカテゴリから高品質のアセットをパースに追加することで、モデルのインテリアとエクステリアのより高密度なプレゼンテーションイメージを簡単に作成できます。
V-Ray内から直接検索してインポートできるのでセットアップに時間を費やすことはありません。Cosmosアセットは、正確な物理スケール、自動的な詳細レベルを備えておりマテリアルも設定済みで即座にレンダリングの準備ができています。 Chaos Cosmosは、Chaos製品とレンダラー全体で一貫した3Dコンテンツエクスペリエンスを提供します。

Chaos Cosmosの詳細はこちらへ >

V-Ray Visionの改良

透明オブジェクト上の反射

ガラスや水などの透明マテリアルが、他のシーンオブジェクトを反映するようになりました。(スクリーンスペース反射)

アンチエイリアスの改良

新しいTemporal Anti-Aliasing(TAA)をサポートし、より細かいテクスチャのディテールと、植物やファサードの装飾などの小さなジオメトリのディテールがより明確に表示されます。

Triplanarテクスチャおよびランダマイズをサポート

VisionでTriplanarテクスチャ投影と確率的テクスチャランダマイズ化機能を利用できます。

太陽からのソフトシャドウ

新しい"高品質シャドウ"(high-quality)モードが有効になっている場合、太陽光のサイズに応じてソフトシャドウを投影します。

その他の改良

ポスト編集機能が向上

再レンダリングせずに、画像をピクセル単位で完全に調整できます。 V-Rayのマスキング系レンダーエレメント(Cryptomatte、MultiMatte、ワイヤーカラー、オブジェクト/レンダー/マテリアルID)のいずれかを使用しレンダリングの一部を選択して微調整できるようになりました。

CPUでノイズの高速化

IntelR社の OpenImageDenoise をVRayDenoiserでサポート。特定GPUを必要とせず、非常に高速なデノイズをどのマシンでも実行できます。

V-Ray 5 for SketchUp の新機能

今までのレンダリング製品を超えたレンダリングパッケージ

V-Ray 5 for SketchUpでは、これまで以上に多くのことができる様になりました。SketchUpでデザインした
モデルを「V-RayVision」を使用してリアルタイム表示したり、「LightGen」でシーンを自動的に照明したり、
「LightMix」でレンダリング後に照明を調整したり、別のアプリを使用せずに画像を微調整して
仕上げる事もできます!

V-RAYにリアルタイムエンジンが加わりました

リアルタイムのデザイン・ビジュアリゼーション


新しい「V-Ray Vision」 を使用すると、
SketchUpで作業しながらリアルタイムでSketchUpのデザインをビジュアリゼーションできます。
モデルの中を移動し、マテリアルを適用し、ライトとカメラをセットアップする、これらは全て
シーンのライブリアルタイムビューで表示しながら行う事ができます。レンダリングの準備ができたら、
V-Rayを使用して更にフォトリアルなレンダリングを行う事もできます。

V-Ray Vision では次の様な事ができます:

  • デザインをリアルタイムに探索できます
  • 複数のカメラアングルのイメージを生成できます
  • 360パノラマ画像を出力できます
  • リアルタイムアニメーションをレンダリングできます

レンダリングだけではありません

V-Ray で仕事が完結します
ライティング調整がより簡単に

レンダリングした後にライトを調整する事ができます。新しい「ライトミックス」機能を使用すると、シーンをレンダリングした後に、再度レンダリングしなくても、ライトの「明るさ」「色」「On/Off」をインタラクティブに調整できます。

レイヤー合成編集

新しく搭載されたレイヤー機能を使用すると、V-Rayフレームバッファー上で直接レンダーエレメントを合成し微調整して仕上げることができます。合成の為に別の編集ソフトウェアを開く必要はありません。

時間を節約

ワークフローを最適化
デザインを最高に見せるライティング

新しい「Light Gen」は、自動的に「屋外」「屋内」の照明シナリオパターンをサムネイル付きで自動生成する新しいツールです。V-Rayが様々な照明シナリオを提示するので、ユーザーはお気に入りのサムネイルを選択すると、シーンの照明をサムネイル通りにレンダリングする事ができます。

新しいレイヤーがVRayマテリアルに追加

新しいV-Rayマテリアルには、コートレイヤーとシーンレイヤーが組み込まれました。"コート"を使用するとニスを塗った木材などの反射コーティングを施した素材を簡単に作成できます。"シーン"を使用すると、シルク、サテン、ベルベットなどの生地を簡単に表現できます。

バージョンアップしたマテリアルライブラリ

好評いただいているマテリアルライブラリもアップデートされ、金属、ガラス、木材等500を超える質感(高解像度テクスチャー含む)が収録されています。新しいマテリアルはV-Ray 5 用に最適化されており、より高速になっています。

創造性を解き放ちます

デザインにリアリズムを追加します
新しいVRaySkyモデル

夕暮れ(マジックアワー)をレンダリングで再現できます。改良された太陽と空のモデルはより正確に空をシミュレーションし、太陽が地平線の下に沈んだ後も綺麗な夕暮れの空を描きます。

ランダマイズでより自然に

新しいVRayUVWRandomizerマップまたは新しい拡張されたVRayMultiSubTexコントロールを使用して、シーンに多様性を簡単に追加できます。また新しいストキャスティック・タイリングオプションを使用すると、テクスチャタイリング時のアーティファクトが自動的に削除されます。

改良された輪郭線のレンダリング

新しいグローバルな輪郭線(Contours)コントロールを使用して、レンダリングに加える「線」をより細かく制御できるため、レンダリングにわかりやすいアウトラインを加える事がより簡単になっていいます。

改良されたV-RayDirtテクスチャ

改善されたV-Rayの汚し(Dirt)テクスチャを使用して、SketchUpモデルに汚しを加える事ができます。雨で晒されたような"すじ"を加える事ができようになりました。

その他

最新 V-Ray 5 Core

最適化された最新のV-Ray 5コアと改善されたV-RayGPUにより、さらに高速で安定したレンダリングエクスペリエンスが実現しています。

新アーキテクチャ

新しくリファクタリングされたV-Rayバックエンドのおかげで、シーンのロードとエクスポートが遥かに高速になりました。

新ドキュメントとAPI

V-Rayfor SketchUpと連携したSketchUpツールを作成している開発者向けに、完全に文書化された新しいAPIが追加され、V-Rayとの連携がより簡単になりました。

V-Ray Next SketchUp チュートリアルシリーズ

FAQ

よくある質問と回答へ

新規・追加購入

2020/09/01以降にV-Ray Next for SketchUpの永久ライセンスを新規購入いただいただユーザー様はV-Ray 5 for SketchUp へ無償アップグレードの対象です。
商品名 説明 価格(税込) 購入
V-Ray 5 for SketchUp Workstation [永久ライセンス] 1GUI + 1RN がセットになったパッケージ ¥106,920 オンラインショップ
V-Ray 5 Render Node [永久ライセンス] WorkstationにRNを追加 ¥54,120 オンラインショップ
V-Ray コレクション (1年ライセンス) 詳細はV-Rayコレクション製品ページを参照ください。 ¥88,000 オンラインショップ

アップグレード

商品名 説明 価格(税込) 購入
V-Ray Next Workstation →V-Ray 5 for SketchUp Workstation [永久ライセンス] V-Ray Next からV-Ray 5 にアップグレード ¥53,460 お見積り
V-Ray Next Render Node → V-Ray 5 Render Node [永久ライセンス] V-Ray Next RNからV-Ray 5 RNにアップグレード ¥27,060 お見積り
V-Ray 5 Campaign

学生教員版

学生・教員版ライセンスは商用利用が認められていません。このライセンスは"個人の学習目的"のために低価格で提供されております。 そのため、同一製品を同時期に複数購入する事、代理購入は出来ないためソフトを使用するご本人様がお見積りください。またユーザーサポートはありません。
商品名 説明 価格(税込) 購入
V-Ray for SketchUp 学生・教員版 1年間(12ヶ月)の期間限定ライセンス ¥13,750 お見積り
V-Ray 教育コレクション 学生・教員版 詳細はV-Ray教育コレクション製品ページを参照ください。 ¥20,900 お見積り

教育機関

教育機関版ライセンスは公的に教育機関として認められた法人に提供可能なライセンスです。商用利用は認められておりませんが、ライセンス登録を行った教育機関に在籍または在職している方であればご利用いただけます。※6本以上より購入可能&ユーザーサポートの提供はありません。
商品名 説明 価格(税込) 購入
V-Ray for SketchUp 教育機関版 1年間(12ヶ月)の期間限定ライセンス ¥13,750 お見積り
V-Ray 教育コレクション 教育機関版 詳細はV-Ray教育コレクション製品ページを参照ください。 ¥20,900 お見積り

レンタル

商品名 説明 価格(税込) 購入
V-Ray 5 for SketchUp Workstation 3年 1GUI + 1RN がセットになったパッケージ
1年を3回買う場合と比較して約14%~15%お得です。
¥124,960 オンラインショップ
V-Ray 5 Render Node 3年 WorkstationにRNを追加 ¥54,340 オンラインショップ
V-Ray 5 for SketchUp Workstation 1年 1GUI + 1RN がセットになったパッケージ ¥49,610 オンラインショップ
V-Ray 5 Render Node 1年 WorkstationにRNを追加 ¥21,560 オンラインショップ
V-Ray 5 for SketchUp Workstation 1ヶ月 1GUI + 1RN がセットになったパッケージ ¥8,470 オンラインショップ
V-Ray 5 Render Node 1ヶ月 WorkstationにRNを追加 ¥9,020 オンラインショップ
Win-Back Campaign

製品情報

製品名
  • V-Ray 5 for SketchUp
  • V-Ray 5 Render Node
納期
  • 発注後1-3営業日 (弊社直販の場合)
  • ※入金・お客様必要情報確認後の発注となります
納品物 発売元の都合によりパッケージは存在しません。プログラムはダウンロードによる納品となります
サポート
  • V-Ray 5 for SketchUp オンライン日本語マニュアル提供(wiki形式)
  • フォームからのテクニカルサポート(学生・教育機関版では提供されません)
お電話・FAXでのサポートはお受けしておりません
ライセンス形態
  • オンラインライセンス
  • フローティングライセンスを標準提供
  • ※ライセンスサーバーはインターネット接続によるオンラインでライセンスを取得します。
ライセンスポリシーについて(要点抜粋) Chaos Group製品のライセンスは登録された個人または法人に所属する方のみが利用できます。
  • 個人登録:登録された個人1名のみが利用可能。(登録者本人以外は利用できません。【家族/友人なども不可】)
  • 法人登録:登録された法人に在籍する方であればどなたでも利用可能。(グループ企業や親会社/子会社は別法人となりますのでご利用いただけません。)
なお、Chaos Groupはライセンスの譲渡を認めていません。
V-Ray for SketchUp 動作環境 V-Ray for SketchUpの動作はSketchUp本体の動作環境に準じます。
  • CPU:Intel Core iシリーズ もしくは 互換プロセッサ。SSE 4.2 サポート必須
  • SketchUp本体 : 2017 / 2018 / 2019 / 2020 / 2021 [Free版(Web版)はサポートしておりません]
  • RAM:最小8GB 推奨16GB
  • HDD容量:最小2GB 推奨12GB
  • Windows:8.1/10
  • MacOS:10.10.x以上
  • Windows環境でGPU Accelaration機能を使用する場合 NVIDIA 社 Maxwell-, Pascal-, Volta-, Turing-世代以降のCUDAサポートGPUが必要。ドライバーのバージョン 411.31 以降が必要
  • V-Ray Vision の動作には、DirectX11またはDirectX12とShaderModel5.0機能をサポートするグラフィックカードが必要です。
ライセンスサーバー ChaosGroup License Server 5.5.0以上
  • Windows:8.1/10 64bit
  • Mac OS X:10.7以降
  • Linax:CentOS 6/Debian 8/Fedora 17/openSUSE 13.0/Ubuntu 14.4
  • CPU:Intel 64bit 互換プロセッサ (SSE4.2サポート必須)
  • RAM:256MB 推奨512MB
  • HDD:40MBの空き容量 推奨200MB
  • TCP/IP:IPv4のみサポート
  • インターネットへの接続必須
SketchUp との互換性
このページは株式会社オークが管理しています。
Original materials: © Chaos Software Ltd.     Japanese materials: © Oak Corporation. Terms of Use.