whats-page-phoenix5-1920x400.jpg
whats-page-phoenix5-1920x400.jpg

Chaos Phoenix 5

Chaos Phoenix 5 の新機能

シミュレーションがより簡単に

Chaos Phoenix 5では、これまで以上にシミュレーションを制御できる新しいツールを使用して、アクティブボディシミュレーションを次のレベルに引き上げます。また、新しく拡張されたプリセットを使用して、リアルなダイナミックエフェクトを素早く作成できます。プリセットボタンを押してすぐに使用したり、ニーズに合わせて内容をカスタマイズしたりできます。より速くシミュレーションし、ワークフローを合理化し、短い時間でより多くの事を達成できます。

feature-thumb-active-bodies-pheonix5-690x380.jpg

より多くのコントロール、より良いシミュレーション

これまで以上にシミュレーションを制御できる新しいツールを使用して、アクティブボディシミュレーションを次のレベルに引き上げます。

スラスターフォース

Chaos Phoenix内で人工的なエンジン・アニメーションを作成できます。指示可能なエンジン力(推進力)でオブジェクトをシミュレション内で動かす事ができます。(例 ボートの推進力に使用し、ボートを予めアニメートする事無くエンジンで自動的に前に進ませる事ができます)

軸の拘束

選択した水平軸または垂直軸に沿って移動または回転するようにアクティブボディの可動軸を制限できます。

その他のコントロール

アクティブなボディがシーンとどのように相互作用するかをより細かにコントロールできます。アクティブボディが流体を放出したり、流体を引き付けたり、流体を保持するかどうか等を選択します。

シミュレーションセットアップがより簡単になりました

Chaos Phoenixで最も好評されているプリセットが強化され、プロレベルのリアルなシミュレションを初心者でもすばやく簡単に作成します。

新しいプリセット

feature-thumb-stormy-ocean-pheonix5-690x380.jpg
荒れた嵐
feature-thumb-jet-engine-pheonix5-690x380.jpg
ジェットエンジン
feature-thumb-ice-cubes-pheonix5-690x380.jpg
コップの液体+氷
feature-thumb-speed-boat-pheonix5-690x380.jpg
スピードボート
プリセットの改良

また 火、ビール、海のプリセットを再構築し、より見栄えの良い結果を実現しました。
さらに、火のプリセットは以前よりも速くシミュレートされます。

ワークフローを合理化

クリエイティブに時間をかけて、シミュレーション時間は節約しましょう
feature-thumb-fire-pheonix5-690x380.jpg
Voxel Shader

単一のシミュレーターから別の「火と煙」もしくは「メッシュ」を作成できます。これにより、創造性を発揮する時間を増やすことができます。

© Gregory Glezakos
リアルな泡パターン

よりリアルな泡をより速く作成できます。パターンのサイズと外観にさまざまなバリエーションを簡単に追加できます。

その他にも

スタンドアローンシミュレーション

Phoenix Standalone Simulatorの初期バージョンプログラムを追加しました。スタンドアローン版ではシミュレーションをより高速化し、Phoenix simscene NodeEditorを使用してシーンを簡単にデバッグします。

macOS サポート

Phoenix for Maya では macOS をサポートしました

Chaos Phoenix

高度なエフェクトの作成がより簡単かつ迅速になりました。

完全な液体と剛体の物理シミュレーションに対応

Bulletソルバーを使用して、アクティブボディ間の衝突を完全に制御できる様になりました。液体内で氷を衝突させたり、浮遊する海洋ゴミ、洪水で流された物体などの効果を簡単に作成できます。

色の吸収(Color Absorption)

色の吸収効果(Color Absorption)を使用したまったく新しいレベルのボリューム効果をレンダリングできます。これにより煙の陰影をより細かく制御できます。色の吸収効果では光が煙の中を移動するときに色が変化します。

巨大なウェーブフォース

非常にリアルな海洋シミュレーションを構築します。 Massive Wave Force(巨大なウェーブフォース)機能を使用して、サーフィンが出来る様な巻き込み型の波を作成できます。

V-Ray GPU でモーションブラーサポート

パーティクルシェーダーのスプラッシュとバブルモードにGPUパワーを活用してモーションブラーを追加できます。

そしてさらに...

より高速なレンダリングとシミュレーション

シミュレーション、レンダリング、プレビューでさまざまな速度の向上を行いました

Phoenix プロパティの一覧表示

シーン内の全Phoenixプロパティに素早くアクセスし変更できます。すべて1か所で行えます。

Autodesk 3ds Max 2022 および Maya 2022 サポート

Phoenixは、最新のautodesk社製品と完全に互換性があります。

Chaos Phoenix
アクティブボディ・ダイナミクス

液体とオブジェクトの相互物理演算に対応!液体にボートを浮かばせたり、洪水でブロック塀を壊す事ができます! ただし現在の制限として、ガス(煙/炎)のグリッドではオブジェクトダイナミクスをサポートしていません。またオブジェクト同士の衝突もサポートしていません。しかしこれらには対応予定です。

Chaos Phoenix
ボクセル(パーティクル)のダイレクトチューニングツール

シミュレーションを高度に制御する為にグリッドのボクセルやパーティクルを直接変更する新しいエクスプレッションノードを追加しました。各ボクセルまたはパーティクルをカスタム条件と照合して確認し、そのチャネルの値を直接変更または削除できます。たとえば、パーティクルチューナーに「パーティクルのAgeが1.0秒を超えている場合は粘性を引き上げてください」と伝えることで、液体を途中で固める事ができます。または、ボクセルチューナーに「速度が50を超える場合は煙を発生」と伝えることで、シミュレーションでソースを使わずに煙を作成できます。条件として、ジオメトリまでの距離またはテクスチャの色を使用する事もできます。

Chaos Phoenix
thinkingParticles との統合

パーティクルフロー用のオペレータと同様な3つのPhoenixオペレータをthinkingParticlesに追加しました。 Thinking Particlesの特定の条件でPhoenix FDフルイドを作成するBirthオペレーター。PhoenixフルイドがThinking Particlesに影響を与えるForceオペレーター。Phoenixフルイドのプロパティを読み取るSampleオペレーターはTP graphのエクスプレッションで利用できます。

Chaos Phoenix
TexUVWチャンネル

TexUVWチャンネルはフルイド・シミュレーションによるテクスチャ座標の歪みを出力できる新しいチャネルデータです。レンダー時にこのチャンネル情報を使用して、メッシュモードまたはボリュメトリックモードのフルイドにディスプレイスメントフローを適用できます。シミュレーション後にフルイドの色を変更したり、不透明度を変えてディテールを追加したりする事ができるでしょう。

Chaos Phoenix
スタンドアロンのキャッシュプレビューツールを同梱

AUR、VDB、F3Dキャッシュファイルを読込可能なスタンドアロンのツールです。3ds MaxおよびMayaビューポートよりもはるかに高速なボクセルプレビューを表示します。また、実験的な新しいStreamline Velocityプレビューを使用して、流体の動きをより良く視覚化できるようにしました。

phoenix-3dsmax
自由に液体の粘性を変更

FLIPソルバで可変的な粘度(Variable Viscosity)をサポート。様々な粘度の流体を生成できます。粘度はいつでも変更できるので、硬い液体が溶ける等の演出が可能になります。

phoenix-3dsmax
FLIP Solver

パーティクルベースの新しいFLIP液体ソルバを追加。よりリアルな液体をシミュレーションできます。

phoenix-3dsmax
クイック・プリセット

炎や煙、液体シミュレーションのプリセットを含む新しいツールバーを搭載。

phoenix-3dsmax
高速化されたボリュームレンダリング

ボリュームレンダリングが改良されより高速に正確なライティング、GIを処理できます。

phoenix-3dsmax
よりディテールアップした炎&煙の表現

より自然な煙・炎の巻き込み表現が可能となり、解像度を引き上げる事なくディテール表現も向上しています。

phoenix-3dsmax
新しいフォースの追加

スプラインに沿って煙を流すスプラインフォロー、メッシュの形状に引きつけ流体をモーフィングさせるBodyアトラクター等、現場のニーズに合わせた流体表現に対応。

phoenix-3dsmax
正確なビューポートプレビュー

炎、煙、液体シミュレーションをビューポートから迅速かつ正確にプレビューできます。

主な機能

phoenix-3dsmax
液体、しぶき(splashes)、泡の(foam)シミュレーション

3ds Maxからスプラッシュやフォームエフェクトを直接利用してリアルな液体シミュレーションを作成できます。

phoenix-3dsmax
煙、炎、爆発のリアルな表現

アダプティブグリッドの強力なダイナミクスエンジンにより、炎や煙などのエフェクトを簡単に作成できます。

phoenix-3dsmax
インタラクティブなシミュレーション

GPUによって高速化されたシミュレーションをプレビューし、ビューポートからインタラクティブに調整できます。

phoenix-3dsmax
再シミュレーション

シミュレーションの形や動きを損なわずに解像度やディテールを増強する事ができます。

phoenix-3dsmax
シミュレーションのリタイミング

シミュレーション再生の速度を変更できます。スローモーションエフェクトに最適です。

phoenix-3dsmax
カスケードシミュレーション

相互作用する一連のシミュレーションを作成できます。

phoenix-3dsmax
エミッションソースをカスタム

アニメーションメッシュ、テクスチャマップ、パーティクルなど、様々なソースから選択できます。

phoenix-3dsmax
渦度

大規模のスケールでも細かいディテールまで制御し、非常にリアルで複雑な渦エフェクトをシミュレートできます。

phoenix-3dsmax
乱気流

小規模の煙や蒸気エフェクトを生成するのに最適です。

phoenix-3dsmax
パーティクル

泡や霧など、様々な形状でパーティクルをレンダリングできます。

phoenix-3dsmax
メッシュとパーティクルIO

メッシュオブジェクトやパーティクルをAlembic、Krakatoa、Stoke MX、XMesh、V-Rayプロキシファイルにインポートやエクスポートできます。

phoenix-3dsmax
海と波のシミュレーション

波を起こす手続き的なディスプレイスメントマップが液体シミュレーションに影響を加え、非常にリアルでシームレスな海面のフルイドシミュレーションを生成します。

phoenix-3dsmax
地平線まで見える海

繰り返しのない、シームレスに広がる海面を作成可能。

phoenix-3dsmax
最適化されたレンダリング

V-Rayの最適化された Phoenix FDシェーダでフォトリアルな液体やボリュームをレンダリングできます。

FAQ

よくある質問と回答へ

価格案内

レンタル

商品名 説明 価格(税込) 購入
Chaos Phoenix Workstation(3年) 1GUI + 1SL がセットになったパッケージ ¥152,900 オンラインショップ
Chaos Phoenix Workstation(1年) 1GUI + 1SL がセットになったパッケージ ¥60,060 オンラインショップ
Chaos Phoenix Workstation(1ヶ月) 1GUI + 1SL がセットになったパッケージ ¥10,780 オンラインショップ
Chaos Phoenix Simulation Node(1年) WorkstationにSimulation Nodeを追加 ¥14,850 オンラインショップ
Chaos Phoenix Simulation Node(1ヶ月) WorkstationにSimulation Nodeを追加 ¥5,390 オンラインショップ
Chaos Ecosystem 詳細はChaos Ecosystemページを参照ください。
Chaos Phoenix Campaign

学生版

学生版ライセンスは商用利用が認められていません。このライセンスは"個人の学習目的"のために低価格で提供されております。 そのため、同一製品を同時期に複数購入する事、代理購入は出来ないためソフトを使用するご本人様がお見積りください。またユーザーサポートはありません。
商品名 説明 価格(税込) 購入
Chaos V-Ray Education 学生版 詳細はChaos V-Ray Education製品ページを参照ください。 ¥22,880 / 1年 お見積り

教育機関

教育機関版ライセンスは公的に教育機関として認められた法人に提供可能なライセンスです。 商用利用は認められておりませんが、ライセンス登録を行った教育機関に在籍または在職している方であればどなたでもご利用いただけます。またユーザーサポートはありません。
商品名 説明 価格(税込) 購入
Chaos V-Ray Education 教育機関版 詳細はChaos V-Ray Education製品ページを参照ください。 ¥22,880 / 1年 お見積り

製品情報


ドングルは2019年11月末を持って販売終了となります。それ以降のライセンスは全てオンライセンスで提供されます。くわしくはこちらを参照ください。
製品名
  • Chaos Phoenix
  • Chaos Phoenix Simulation Node
納期
  • 発注後1-3営業日 (弊社直販の場合)
  • ※入金・お客様必要情報確認後の発注となります
納品物 発売元の都合によりパッケージは存在しません。プログラムはダウンロードによる納品となります
サポート
  • フォームからのテクニカルサポート(学生・教育機関版では提供されません)
お電話・FAXでのサポートはお受けしておりません
ライセンス形態
  • V-Ray Solo プランに関してはノードロック形式で提供されます。ライセンスを移動するにはサポートに連絡いただく必要があります。
  • V-Ray Premium、 V-Ray Enterpriseプランでは、フローティングライセンスを標準提供、ライセンスサーバーはインターネット接続によるオンラインでライセンスを取得します。
ライセンスポリシーについて(要点抜粋) Chaos Software製品のライセンスは登録された個人または法人に所属する方のみが利用できます。
  • 個人登録:登録された個人1名のみが利用可能。(登録者本人以外は利用できません。【家族/友人なども不可】)
  • 法人登録:登録された法人に在籍する方であればどなたでも利用可能。(グループ企業や親会社/子会社は別法人となりますのでご利用いただけません。)
なお、Chaos Softwareはライセンスの譲渡を認めていません。
Chaos Phoenix 動作環境 Chaos Phoenix の動作は3dsMax本体・Maya本体の動作環境に準じます
  • OS: Windows 8.1, Windows 10, Windows 11, CentOS 7 / Debian 8 / Fedora 17 / openSUSE 13.0 / Ubuntu 14.4, macOS 10.7 以降
  • 3dsMax: 2018 ~ 2023
  • Maya: 2019 ~ 2023
  • Intel® 64ビットまたは互換プロセッサー(SSE4.2対応必須)
  • RAM:8GB (32GB以上を推奨), 8 GB以上のディスクキャッシュ領域
  • Chaosライセンスサーバー 5.0.0以上
ライセンスサーバー Chaos License Server 6.0以上
  • Windows: 8.1 / 10 / 11 64bit
  • Mac OS X: 10.7以降
  • Linax: CentOS 6/Debian 8/Fedora 17/openSUSE 13.0/Ubuntu 14.4
  • CPU: Intel 64bit 互換プロセッサ (SSE4.2サポート必須)
  • RAM: 256MB 推奨512MB
  • HDD: 40MBの空き容量 推奨200MB
  • TCP/IP: IPv4のみサポート
  • インターネットへの接続必須
このページは株式会社オークが管理しています。
Original materials: © Chaos Software Ltd.     Japanese materials: © Oak Corporation. Terms of Use.