V-RAY 5 FOR MAYA

クリエイティブなワークフローを高速化

 V-Ray 5 for Maya, Update 1 の新機能 

 V-Ray 5, update 1では Autodesk Maya 2022 をサポートし、ワークフローを合理化し、コラボレーションをより迅速かつ効率的にするための新機能と改善を追加します。
Pixar社のUSD形式の初期サポートによりDCCツール間でデータを簡単に転送できるようになりました。 

新しく追加されたV-Rayマテリアルライブラリを使用した簡単マテリアル設定、およびVFBでの高度なマスキング合成のサポートにより、
再レンダリングせずにVFB上でピクセル単位で完全な後編集を加える事ができます。そしてもっとたくさんの新機能があります!

クリエイティブと効率的なコラボレーションをサポート

Pixar社のUSDフォーマットをサポート(初期実装)

USDとネイティブに連携してDCCツール間でシーン情報を交換できます。余分な変換作業を行うことなく、大量のデータを短時間で相互にロードおよび編集する事ができます。3Dアーティスト間のより高速で効率的なコラボレーションフォーマットです。

V-Rayマテリアルライブラリの提供

あらゆるプロジェクトで使用できる4Kテクスチャ(.tx Mipmap対応)を備えた500を超える高品質のマテリアルのライブラリを無償で同梱しています。

スマートな作業を支援する合理化されたワークフロー

V-Ray VFB2でのマスク作業に対応

VFB2にて高度なマスク合成に対応。 Cryptomatte、MultiMatte、Object/Render/ Material IDレンダーエレメントを使用して、レンダリングされた画像をピクセル単位で完全に調整できます。 なお Cryptomatteレンダーエレメントは V-Ray 5.1 から プログレッシブレンダリングでも利用可能になりました。

ボリューメトリックフォグの透過カラー

ボリュームフォグの透明色に簡単に色を付けることができます。水中シーンの表現に最適です。

Opacityマップベースのポリゴンカットアウトユーティリティ

木の葉などの板状オブジェクトをOpaciyマッピングに基づいてカットアウトされたジオメトリに変換するユーティリティを添付。特に樹木や草等の植物レンダリングを大幅に高速化できます。

優れた品質でより高速に

V-Rayマテリアルの組み込みSSSが進化

V-Rayマテリアルに、新しいシングルサイド・トランスルーセントコントロールと組み込みのボリューム・ランダムウォーク・サブサーフェス・スキャタリングが追加されSSS機能が大幅に刷新されました。リアルなスキン、プラスチック、ワックスのレンダリングがV-RayMtlだけで表現可能です。葉や窓ガラス等「片面ポリゴン」のオブジェクトにトレンスルーセントやフォグを追加する"thin-walled" 屈折オプションもV-Rayマテリアルに追加されました。

GPUライトキャッシュとアウトオブコアの完成

ライトキャッシュがGPU計算に対応しレンダリング計算が一貫化および高速化されました。また、GPUのメモリ制限を超える大きなシーンの場合、アウトオブコアレンダリングがV-RayGPUの全ての機能をサポートするようになりました。

ダイレクトなコースティクス計算

プログレッシブコースティクスを使用して光が反射面や屈折面とどのように相互作用するかをシミュレートし、レンダリングに新しいレベルのリアリズムを追加します。セットアップは簡単で以前のコースティクスの様なプリパス計算は不要です。

その他の新機能

V-Rayシーンマテリアルインポーター

.vrsceneファイルからのマテリアルのインポート機能が大幅に改善されました。インポートされたシェーディングネットワークには、より多くのネイティブMayaノードが含まれており、グラフが最適化されています。

プログレッシブレンダリングでCryptomatteをサポート

プログレッシブサンプラー使用時にもCryptomatteレンダーエレメントを出力対応しました

Intel®社の Open Image Denoise サポート

インタラクティブなレンダリングに最適なIntel® OpenImageDenoiseは、GPUに依存せず、全てのマシンで高速なデノイズをい実行できます。

アダプティブドームライト

HDRIソースを組み合わせて、高速でクリエイティブな照明設定と正確なライトミックスを実現します。

ビューポートの改善

V-RayマテリアルのコートレイヤーとシーンレイヤーがMayaビューポートに表示されるようになりました。またVRayLayeredTexの初期状態はビューポートにも表示されます。

 V-Ray 5.1 for Mayaは Autodesk Maya 2022 をサポート 

FAQ

よくある質問と回答へ

価格案内

商品名 説明 価格(税込) 購入
V-Ray 5 for Maya Workstation [永久ライセンス] 1GUI + 1RN がセットになったパッケージ ¥151,800 オンラインショップ
V-Ray 5 Render Node [永久ライセンス] WorkstationにRNを追加 ¥54,120 オンラインショップ
V-Ray コレクション (1年ライセンス) 詳細はV-Rayコレクション製品ページを参照ください。 ¥88,000 オンラインショップ

アップグレード

2020年7月11日以降に新規でV-Ray Next Maya永久ライセンスを購入したユーザー様は無償アップグレードです。
商品名 説明 価格(税込) 購入
V-Ray Next Workstation → V-Ray 5 Workstation for Maya [永久ライセンス] V-Ray Nextから5にアップグレード ¥75,900 お見積り
V-Ray Next Render Node → V-Ray 5 Render Node [永久ライセンス] V-Ray Next RNから5 RNにアップグレード ¥27,060 お見積り
V-Ray 5 Campaign

学生教員版

学生・教員版ライセンスは商用利用が認められていません。このライセンスは"個人の学習目的"のために低価格で提供されております。 そのため、同一製品を同時期に複数購入する事、代理購入は出来ないためソフトを使用するご本人様がお見積りください。またユーザーサポートはありません。
商品名 説明 価格(税込) 購入
V-Ray for Maya 学生・教員版 1年間(12ヶ月)の期間限定ライセンス ¥13,750 お見積り
V-Ray 教育コレクション 学生・教員版 詳細はV-Ray教育コレクション製品ページを参照ください。 ¥20,900 お見積り

教育機関

教育機関版ライセンスは公的に教育機関として認められた法人に提供可能なライセンスです。 商用利用は認められておりませんが、ライセンス登録を行った教育機関に在籍または在職している方であればどなたでもご利用いただけます。またユーザーサポートはありません。
商品名 説明 価格(税込) 購入
V-Ray for Maya 教育機関版 1年間(12ヶ月)の期間限定ライセンス ¥13,750 お見積り
V-Ray 教育コレクション 教育機関版 詳細はV-Ray教育コレクション製品ページを参照ください。 ¥20,900 お見積り

レンタル

商品名 説明 価格(税込) 購入
V-Ray 5 for Maya Workstation 3年 1GUI + 1RN がセットになったパッケージ
1年を3回買う場合と比較して約14%~15%お得です。
¥152,460 オンラインショップ
V-Ray 5 Render Node 3年 WorkstationにRNを追加 ¥54,340 オンラインショップ
V-Ray 5 for Maya Workstation 1年 1GUI + 1RN がセットになったパッケージ ¥60,500 オンラインショップ
V-Ray 5 Render Node 1年 WorkstationにRNを追加 ¥21,560 オンラインショップ
V-Ray 5 for Maya Workstation 1ヶ月 1GUI + 1RN がセットになったパッケージ ¥10,340 オンラインショップ
V-Ray 5 Render Node 1ヶ月 WorkstationにRNを追加 ¥9,020 オンラインショップ
Win-Back Campaign

製品情報


ドングルは2019年11月末を持って販売終了となります。それ以降のライセンスは全てオンライセンスで提供されます。くわしくはこちらを参照ください。
製品名
  • V-Ray 5 for Maya
  • V-Ray 5 Render Node
納期
  • 発注後1-3営業日 (弊社直販の場合)
  • ※入金・お客様必要情報確認後の発注となります
納品物 発売元の都合によりパッケージは存在しません。プログラムはダウンロードによる納品となります
サポート
  • V-Ray 5 for Maya オンライン日本語マニュアル提供(wiki形式)
  • フォームからのテクニカルサポート(学生・教育機関版では提供されません)
お電話・FAXでのサポートはお受けしておりません
ライセンス形態
  • オンラインライセンス
  • フローティングライセンスを標準提供
  • ※ライセンスサーバーはインターネット接続によるオンラインでライセンスを取得します。
ライセンスポリシーについて(要点抜粋) Chaos Group製品のライセンスは登録された個人または法人に所属する方のみが利用できます。
  • 個人登録:登録された個人1名のみが利用可能。(登録者本人以外は利用できません。【家族/友人なども不可】)
  • 法人登録:登録された法人に在籍する方であればどなたでも利用可能。(グループ企業や親会社/子会社は別法人となりますのでご利用いただけません。)
なお、Chaos Groupはライセンスの譲渡を認めていません。
V-Ray for Maya 動作環境 V-Ray for Mayaの動作はMaya本体の動作環境に準じます。
  • Intel® 64ビットまたは互換プロセッサー(SSE4.2対応必須)
  • RAM:4GB 推奨8GB
  • Windows:Maya 2018-2022
  • Linax:Maya 2018-2022
  • Mac:Maya 2018-2022
GPU必要条件:
  • V-Ray GPU CUDA および NVIDIA AI Denoiser: Maxwell-, Pascal-, Volta-, Turing- 以降のNVDIA社 GPUカード
  • V-Ray GPU RTX: RTXをサポートするNVDIA社 GPUカード
macOSでは V-Ray GPU CUDA/RTX、NVDIA AI Denoiser はご利用いただけません。
macOSでは V-Ray GPU CUDA を CPUでのエミュレーションで利用する事は可能です。
macOSでは M1チップはサポートされません。

Maya LTはプラグインをサポートしない為、V-Rayは動作不可
ライセンスサーバー ChaosGroup License Server 5.5.0以上
  • Windows:8.1/10 64bit
  • Mac OS X:10.7以降
  • Linax:CentOS 6/Debian 8/Fedora 17/openSUSE 13.0/Ubuntu 14.4
  • CPU:Intel 64bit 互換プロセッサ (SSE4.2サポート必須)
  • RAM:256MB 推奨512MB
  • HDD:40MBの空き容量 推奨200MB
  • TCP/IP:IPv4のみサポート
  • インターネットへの接続必須
Mayaとの互換性
このページは株式会社オークが管理しています。
Original materials: © Chaos Software Ltd.     Japanese materials: © Oak Corporation. Terms of Use.