Pdplayer | 株式会社オーク : V-Rayオフィシャルページ

Pdplayer

PDplayerは 3D、CG、VFXプロダクション向けの非常に軽快に動作するシーケンス(連番)や静止画ビューアです。

WHAT'S NEW

メタデータビューア

DPXやEXRファイルのカメラのFOV (視野角)や絞り値、焦点距離などのデータを表示します。(ホットキー:M) 

マルチパートEXR

マルチチャンネルEXRよりも読み込みや表示が速くなり、多数のレンダリングエレメントを扱う際に作業が高速化されます。

OPENEXRのサポート改良

OpenEXR 2.2.0をサポート。DWAAおよびDWAB圧縮方式もサポートしました。

サイドバイサイド形式ステレオ

Stereoscopic EXR (SXR) フォーマットの読み込みをサポート。

マルチコアによる4K再生

独自の .aivf 中間フォーマットによるマルチコア4K再生をサポートしました。

主な機能

高解像度で再生

HD、2K、4Kの高解像度をリアルタイムで再生可能。

レイヤー機能

シーケンスを作成する際にレイヤーを無制限に作成し、無限大の作業スペース上で自由に配置できます。

簡単なコンポジット作業

Pdplayerで素早く簡単にレイヤーを合成し、Adobe After EffectsまたはThe Foundry社のNUKEにエクスポートし最終出力を生成できます。
簡単なカラー補正
露出、カラーバランス、レイヤー合成モードを簡単に調整できます。調整レイヤーを追加すると複数のレイヤーに補正を同時に適用します。

HDR

HDR、OpenEXR、OpenSXR CIN、DPX、SGI、TGA 、SOFTIMAGE PICなど業界標準フォーマットをサポート。

ルックアップテーブル

3Dルックアップテーブルを使った補間が正確な色を再現するように改善されました 。

チャンネル読み込みをサポート

OpenEXR、OpenSXR(立体視用EXR)、VRIMG(V-RayのRAWファイル)イメージフォーマットのマルチレイヤーの読み込みをサポートしました。さらに、各レイヤー単位で、個別のチャンネル(red, green, blue, alpha, luma, depth)を選択する事が可能です。

立体視再生

対になるイメージシーケンスを検知し、自動的に立体視できる環境を構築します。アナグリフ、インータレス、チェッカーボード出力に対応。

外部入力およびモニター機能

リアルタイムでカラーキーイング(2カラーをセット可能)やコンポジット可能。

出力デバイスのサポート

Bluefish444、NewTek VT、Blackmagic Decklinkなどの外部デバイスでシーケンスを確認できます。

RED®R3Dをサポート

REDデジタルシネマカメラの専用形式REDCODE RAW R3Dファイルをサポートしました。

パイプライン統合

コマンドラインやスクリプトのサポートにより、Pdplayerをパイプラインにシームレスに統合できます。

リモート作業

フレームやシーケンスをマークアップして、リモートでファイルを共有できます。

出力設定

レイヤーやコンポジションを画像シーケンスまたはQuicktime / AVI形式の動画として書き出すことが可能です。

その他購入前にご不明点がありましたら、フォームよりお問い合わせください。

よくあるご質問

ライセンス Q&A

+ ドングルライセンスとは何ですか?

USB型の特別なハードウェアキー(USBドングル)をパソコンに接続する事でライセンスを認証します。
ご利用の際にインターネット接続は必要ありません。(※)
ドングルライセンスではV-Rayライセンスとは別に、USBドングルを購入いただく必要があります。

※ソフトウェアダウンロードはインターネット経由となります。(パッケージ版はございません)

+ オンラインライセンスとは何ですか?

ライセンスをオンライン(インターネット接続)で認証します。
特別なハードウェアキー(USBドングル)のご購入は必要としませんが、ご利用にはインターネット接続が必須となります。

※オンラインライセンス版をオフライン環境でご利用になる場合、事前にインターネットを経由してライセンス借用(Borrowing)のお手続きが必要となります。

+ フローティングライセンスとは何ですか?

ドングルライセンス・オンラインライセンス共にChaosGroup製品はフローティングライセンスに対応しております。 フローティングライセンスとは、ノードロックライセンスとは異なり、ローカルネットワーク上で1台のマシンをサーバーとして設定していただくことで、別のマシンからもライセンスを参照することができるシステムのことを指します。

ドングルライセンスの場合、ドングルをサーバーマシンに接続しておけば、他のマシンからはローカルネットワークを経由してサーバーを参照する設定にするだけでライセンスがご利用可能となります。
サーバーマシンでライセンスを管理することにより、作業するマシン分のUSBドングルをご購入いただく必要や、作業マシンのUSBポートにドングルを常時接続する煩わしさがありません。

オンラインライセンスの場合、ライセンスサーバーをアクティブにしたマシンがChaosGroupのフローティングライセンスサーバーとして動作します。
ですので、LAN内の1台だけオンラインライセンスをアクティブにしてライセンスサーバー化し、他のマシンはライセンスサーバーマシンを参照するようにセットいただければ、インターネット接続はライセンスサーバーマシンのみに限定させる事ができます。 社内のマシンすべてがインターネット接続ができない場合でも、ローカルネットワーク上の1台のみが接続していれば問題ないということです。

+ オンラインライセンスとドングルライセンスを自由に切り替えられますか?

いいえ。購入前にどちらか一方のライセンスをご選択いただく必要があります。
なお、ご購入後のライセンスの切り替えをご希望の場合はお問い合わせより一度ご相談ください。

+ セキュリティの都合でインターネットに接続できませんが、オンラインライセンス版を利用できますか?

「完全にインターネット接続不可」の場合は、ご利用いただけません。
ドングルライセンス版をご利用ください。

「一定の条件ではインターネット接続できる」場合、ライセンスの借用機能(Borrowing)を使って最長15日間インターネット接続無し環境で利用する事ができます。

+ オンラインライセンスのライセンスの借用機能(Borrowing)とはどういう機能ですか?

オンラインライセンスをアクティブにした後、ライセンスを現在のマシン内に借用する事ができます。(自動的に15日がセットされます)
借用したマシンは、15日間インターネット接続無しでライセンスをご利用いただけます。

Borrowing中は他のマシンではライセンスを利用できなくなる点にご注意下さい。

15日経過すると、自動的に借用ライセンスが返却されオンラインライセンスが元通りに復帰します。
なお、15日経過前であっても手動で借用したライセンスを返却する事ができます。

+ V-Rayを使用するPCを新しいものに変更したい/システムを換えたいと思います。V-Rayのライセンスを再取得しなければならないのでしょうか?

【ドングルライセンス版の場合】
ライセンスはドングルで管理していますので単純にドングルを挿し替え(再接続)していただくだけでライセンスの移動が可能です。

【オンラインライセンス版の場合】
ライセンスはChaosGroupのオンラインライセンスサーバーで管理しているので、ユーザーのパソコンにライセンス情報は保存されません。
新しいマシンでオンラインライセンスをアクティブにしていただければ、そのパソコンでライセンスをすぐにご利用いただけます。

いずれの場合も、プログラムについては新規にインストールが必要な点にご注意下さい。
古いパソコンにインストールされたプログラムはそのままでも良いですし、V-Rayを完全に使わなくなる場合は単純にアンインストールしていただくだけです。

インストール台数に制限はございませんが、同時に利用できる台数は所有しているライセンス数に応じて決定します。

+ 3ds maxのライセンスがクラッシュしてしまいした。V-Rayもライセンスを取り直さなければならないのでしょうか?

V-Rayは3ds maxのライセンスに依存しない、完全に独立したライセンスシステムを採用しています。
3ds maxのライセンスが変わってもV-Rayはそのまま継続して利用できます。(例えば、3ds max体験版でもV-Rayは問題なく起動し使用できます)

ただし、3ds maxのバージョンを変更した場合は、ご利用のバージョンに対応したV-Rayプログラムを再度インストールしていただく必要がございます。

+ 現在、複数バージョンの3ds Maxが使える環境があります。V-Rayを1パッケージ購入した場合、ライセンス変更手続き無しに複数のバージョンで利用できますか?

はい。お持ちのV-Rayが対応しているバージョンのホストアプリケーションであればご利用いただけます。
V-Rayユーザー様には、対応している複数のバージョンに対応したインストーラーをオンライン経由で提供しています。
また、対応しているものであれば、V-Rayのライセンスに対する3ds maxバージョンの拘束はありません。
例えばひとつのV-Rayのライセンスで3ds max 2017用でも、3ds max 2018用でも起動できます。

バージョンの拘束はございませんが、同時に起動できる本数は所有しているライセンス数に応じて決定します。

+ 会社でも自宅でもV-Rayを使用する事はできますか?

【ドングルライセンス版の場合】
ドングルライセンスの場合、ライセンスはドングルで管理していますので単純にドングルを挿し替え(再接続)していただくだけでライセンスの移動が可能です。
会社とご自宅との間で、ドングルを持ち運ぶ事でV-Rayも移動できます。
会社とご自宅のマシンにそれぞれプログラムインストールしていただき、ドングルを接続してご利用下さい。

【オンラインライセンス版の場合】
会社とご自宅のマシンにそれぞれプログラムインストールしていただき、オンラインライセンスをアクティブにしてください。
オンライン経由でライセンスを認証しますので、アクティブになっていればどちらの場所でも好きな時にご利用いただけます。

ただし、同時にご利用いただけるのは所有しているライセンスの上限数までとなります。
例えばご自宅でライセンスをアクティブにしレンダリング作業をしている間は1RNを消費しています。
その間、会社ではプレビューを含めて一切レンダリングができません。会社で使う場合は、ご自宅でのレンダリングを停止していただく必要があります。
もしくはRenderNodeライセンスを1ライセンス増やすことで、ご自宅でレンダリングしている間も会社でご利用いただくことができます。

+ ネットワーク/ディストリビュート レンダリングは無制限ですか?

いいえ。V-Ray 3 よりネットワークレンダリングは購入したV-Ray 3 Render Nodeライセンス数が上限となります。

+ RenderNode, GUI, Workstationライセンスとは何ですか?

V-Ray 3 では “操作(GUI)ライセンス” と “RenderNode(RN)ライセンス” が完全に切り分けられています。
“Workstation” は、V-Rayの設定・操作を行えるGUIライセンスが“1”ライセンスと、レンダリング用のRNライセンスが“1”ライセンスセットされた最小構成のパッケージとなります。
(1Workstation = 1GUI + 1RN)

RenderNodeライセンスは、ローカル、ネットワーク(BackBurner)、ディストリビュートレンダリングのライセンスとして働きます。
RNが1ライセンスのみの場合、別のマシン(1台)でネットワーク・レンダリング中は作業マシン上でV-Rayのレンダリングは(プレビューを含め)実行できません。
別のマシンでのネットワーク・レンダリング中も設定作業(レンダリングプレビュー)を続けたい場合は、RenderNodeライセンスのみを追加購入していただく必要があります。

+ 購入したRenderNodeライセンスは3dsMax専用ですか?

はい。V-Ray 3 のRenderNodeライセンスはマルチ・プラットホームライセンスとして動作します。
3dsMax, Maya, MODO, Rhino, SketchUp, standalone (C4DはDRノード)でも、同様にRenderNodeライセンスとして働きます。
またその他開発中のホームアプリケーション用V-Rayでも、同様になるでしょう。

 ※GUIライセンスは共通で動作致しません。
  3dsMaxであれば3dsMax用のGUI, MayaであればMaya用のGUIライセンスが必須です。

+ ハイパースレッディング、デュアルコア、クアッドコアプロセッサ、2way、4way、8wayをサポートしていますか?

はい。全てサポートしています。

+ 1台のPCで利用できるプロセッサ数の上限はありますか。

上限はありません。

+ ”商用のレンダーファームを営業する事は認められません”とありますが、どういう意味でしょうか?会社のレンダーファームでは使えないのでしょうか?

不特定多数の第三者からシーンデータと代金を受け取りレンダリング作業だけを行う「レンダリングサービス業務」で通常版のライセンスはご利用いただけないという事です。
このような業態でV-Rayのレンダリングサービスを提供する場合、ChaosGroup社とレンダーファーム業者契約を行う必要があります。

詳細な情報が必要な場合は、お問い合わせください。

ドングル Q&A

+ オンラインライセンスと比較して、ドングルライセンスを使うメリットは何ですか?

ドングルライセンスではUSBドングルを差し替えるだけで即座にV-Rayのライセンスを移動できます。
オンラインライセンスの場合も移動自体は即座に行えますが、インターネット接続が必要となります。
例えば、ネット環境の無い・また接続が不安定な状況でのご利用を想定する場合、ドングルライセンスのほうが比較的安定してご利用いただけるでしょう。
また、物理的に管理するので分かりやすいというメリットがある一方で、USBドングルの紛失や破損などのリスクもございます。
どちらのほうがより良いかという点はお客様ご自身で判断していただく必要がございますが、ご不明点やご質問についてはお気軽にお申し付けください。

+ V-Rayのライセンスを複数所有していますが、ライセンスの数だけドングルが必要ですか?

いいえ。1つのドングルに複数のライセンスを登録管理する事ができます。
ライセンスの数だけドングルをお持ちになることも可能です。

+ V-Rayのラインセンスを追加購入する場合、追加のドングルを入手できますか? もしくは既存のドングルに登録できますか?

はい。どちらでもお望みの通りにできます。
既存のドングルに追加ライセンス分を登録する事もできますし、別のライセンスサーバーを立てる計画があれば新しいドングルを購入する事もできます。

+ V-Rayのラインセンスを既存のドングルに追加する場合、ドングルを返却する必要はありますか? その間ライセンスが利用できないのでしょうか?

ドングルにライセンスを追加する場合、ドングルを返却する必要はありません。

V-RayのドングルはE-mail経由でファイルをやりとりする事により、ライセンスを追加処理できるようになっています。
返却する必要がないので、ブランク期間無しにV-Rayを利用し続ける事ができます。

+ V-Rayのライセンスが入ったドングルを複数持っていますが1つにまとめる事ができますか? もしくは別のVrayドングルにライセンスを移動できますか?

はい。可能です。
ただし、その場合は作業手数料や新規ドングルを増やす場合はハードウェアをご購入いただく必要がございます。
また、この場合のお手続きにはドングルの返却が必要になります。詳しくはフォームよりお問い合わせください。

+ 1つのマシンに複数のV-Rayドングルを接続して利用できますか?

はい。ご利用可能です。
例えば、1ライセンス入りのドングルを1台のマシンに7本セットすると、7ライセンス分のV-Rayライセンスサーバーとして利用できます。

+ USBドングルをマシン稼動中に抜き差ししても問題ないですか?

はい。問題ありません。
V-Rayのライセンスサーバーもオンザフライでライセンス数を増減させます。
V-Rayライセンス使用中にドングルを抜いた場合、次にライセンスのチェックが入る操作(例えばレンダリングを開始)した時にライセンスが無いとメッセージが表示されます。
ドングルを接続すればライセンス数も増加します。

+ USBハブ経由で接続しても問題ありませんか?

問題なくご利用可能です。

+ ドングルが到着するまえに、V-Rayを利用する事ができますか?

いいえ。ドングルライセンスの場合、USBドングルが届くまではご利用いただけません。

+ ドングルが壊れた場合、新しいものを購入する必要がありますか?それとも無償で交換されるのでしょうか?

Chaos Groupが選択したドングルは、数年前の昔のドングルと違い新技術に基づいたもので非常に信頼できるデバイスである事を確認しています。
さらに、すべてのドングルは顧客のもとへ送られる前に動作テストされます。したがって不良のドングルが到着したり、普通に利用している限りドングルが壊れる可能性は極めて稀です。
ほとんどの場合、問題はドングルの誤用および不適当な取り扱いから生じます。

お客様の過失によりドングルが壊れた場合はデバイスの再購入をお願い致しております。
ドングルを再購入する場合、壊れたドングルを弊社にご返送いただき、確認の上お手続きを進めます。
ライセンスが再設定された新しいドングルがお手元に届くまで、平均して約1週間(5営業日)程度お時間をいただいておりますので予めご了承ください。
※弊社にてドングルが初期不良品であることが確認された場合、保証期間内は無償で交換致します。

詳しくは、お問い合わせください。

+ V-Rayが使用するドングルシステムは何ですか?

+ 既に他社製のソフトウェアでWIBUドングルを使用していますが、V-Rayのドングルとして利用できますか?

いいえ。できません。V-Rayを利用するにはChaosGroup社のWIBU Keyドングルを購入する必要があります。
なお、他社製WIBU KeyドングルとChaosGroup WIBU Keyドングルは共存して利用可能です。

+ V-Rayを購入したばかりのユーザーですが、待っていればドングルは自動的に送られてくるのでしょうか? それとも何か要求する必要があるのでしょうか?

弊社より発送物がございます場合は、ご購入時に案内メールを差し上げております。
ご不明な点がございましたら担当営業までお知らせいただくかお問い合わせください。

Pdplayer Q&A

+ PDPlayerとは何ですか?

PDPlayerはシーケンスプレイヤー(連番ファイル再生ソフトウェア)です。 例えば、img001.jpg、img002.jpg、img003.jpg、、、とファイル名に番号の付いた画像ファイルを直接読み込んでリアルタイム(30fps以上)の速度で再生します。

+ マルチスレッドをサポートしていますか?

標準サポートしています。コア(スレッド)が多い程レイヤーの処理が早くなります。

+ PDPLayerのワークデータを他のソフトで読み込めますか?

PDPLayerで行ったカット編集データはAdobe AfterEffects、The Foundry NUKEに書き出す事ができます。またPDPLayerでAVIやシーケンス等にレンダリングして出力する事もできます。

+ PDPlayerは立体視での再生に対応していますが、特別なフォーマットが必要なのでしょうか?

単純に「右目用の画像(シーケンス)」「左目用の画像(シーケンス)」でかまいません。PDPLayerに2つのシーケンスをよみこみ、それぞれにRight,Leftの属性をセットします。後は、PDPLayerのステレオビューモードにするだけです。

+ 立体視を見る場合、特別なモニター装置が必要でしょうか?

PDPLayerが出力できる立体方式はアナグリフ方式とインターレース(チェッカーボード)方式です。アナグリフ方式はセロファンメガネがあればパソコンのモニターでも大丈夫です。\\インターレースはNTSCブラウン管や、パソコンのモニターでインターレス表示できるデバイスなど現在となってはやや特殊な装置が必要です。(合わせてシャッターメガネも必要)。\\PDPLayerは再生画面をWindowsのセカンダリーモニター(デュアルモニター)、DeckLink、FireWire DV out、VideoToster、BlueFish444などのハードウェアー経由で外部モニタにアウトプットする事もできます。

V-Ray購入に関しましてはお見積をしてから購入案内となります。
また入金・お客様必要情報確認後の発注となります。

価格案内

新規ライセンス購入価格

Pdplayer

  • ドングルライセンス/オンラインライセンスをお選びください。

¥39,500 (税別)

/1パッケージ


ドングル購入

ドングル
ドングルライセンス希望の場合必要となります

  • 既にドングルをお持ちの場合、既存のドングルに追加ライセンス分を登録する事ができます。
  • ドングルを選択の場合ネットワーク接続の必要がありません。
  • 詳しくは上記ドングルQ&Aでご確認ください。

¥6,000(税別)

/1個

Pdplayer製品は下記販売代理店でも購入が可能です。(50音順)

株式会社Too
株式会社ボーンデジタル

製品情報

Pdplayer 製品情報

製品名

Pdplayer

ChaosGroupドングル(ハードウェアロック)

納期

発注後1-3営業日 (oakダイレクトの場合)

※入金・お客様必要情報確認後の発注となります。

製品内容

発売元の都合によりパッケージは存在しません。プログラムはダウンロードによる納品となります。

サポート

サポートフォームからのテクニカルサポート

※ お電話・FAXでのサポートはお受けしておりません ※
Pdplayer
動作環境

Windows:XP SP2、Vista、7,8,10(64ビットのみ)

Linux:CentOS 6.5または互換性があるもの(64ビットのみ)

MacOS:X 10.6 Snow Leopard以上(64ビットのみ)


Mac OSX版はWindows版と比較して以下の機能はご利用いただけません

  • オーディオの出力
  • 外部出力デバイス
  • ライブビデオ入力レイヤー
  • "--attach"コマンドラインオプション
  • 新しいフレームの監視とアップデート
  • フレームバッファ レイヤー(VRayVFB,LightWaveのフレームバッファを表示する機能)
  • HTTP コラボレーションサーバー

Linux版ははWindows版と比較して以下の機能はご利用いただけません。

  • 外部出力デバイス
  • ライブビデオ入力レイヤー
  • AVI, MOV等のムービー形式の読み書きをサポートしていません。(R3Dを除く)
  • "--attach"コマンドラインオプション
  • 新しいフレームの監視とアップデート
  • フレームバッファ レイヤー(VRayVFB,LightWaveのフレームバッファを表示する機能)
  • HTTP コラボレーションサーバー
ライセンスポリシーについて(要点抜粋)

Chaos Group製品のライセンスは登録された個人または法人に所属する方のみが利用できます。

個人登録:登録された個人1名のみが利用可能。(登録者本人以外は利用できません。【家族/友人なども不可】)

法人登録:登録された法人に在籍する方であればどなたでも利用可能。(グループ企業や親会社/子会社は別法人となりますのでご利用いただけません。)

なお、Chaos Groupはライセンスの譲渡を認めていません。

ライセンス形態

フローティングライセンスプログラム標準提供

ドングルライセンス(ハードウェアロック)[別売です]

オンラインライセンス

購入前にどちらか一方のライセンスを選択していただく必要があります。

ライセンスサーバー ChaosGroup License Server 4.0      

OS

Windows:10, 8, 7, 64bit版のみ

Mac OS:X 10.9, 10.10, 10.11

Linax:Red Hat Enterprise Linux 6.2 W S, or Fedora 14 Linux operating system

Pentium 4 (SSE2サポート必須)以降のCPU

2GB RAM 以上

オンラインライセンスの場合

TCP/IP[IPv4]ネットワーク環境(インターネットに接続必須)

ライセンスの借用(Borrow)する事で最大15日間、ネットから切り離した状態で利用する事ができます。

ドングルライセンスの場合

別途ChaosGroupドングルを購入いただく必要があります。

ChaosGroupドングルはV-Ray 3dsMax、V-Ray Maya版等と共通です。

ハードウェアロック用のUSBポートが必要です。(USB 2.0 推奨)

ネットワーク接続は必要ありません。