Chaos Group

 
dummy box
V-Ray 3.5 for Maya
製品概要
V-Ray for Mayaはアーティストの生産性に注目し、強力な新機能の他にレンダリングの根本的な高速化を加え、高速なルック・デベロップメントやレンダリングワークフローの効率化を提供します。

ChaosGroupはレンダリング最新技術の導入を非常に積極的に行なっており、V-Ray for Mayaでは最新のレンダリング・トレンドの殆どを実装しています。V-Rayを導入して貴方のレンダリングワークを新しいレベルに引き上げてください!

V-Ray 3.5 プロモーションビデオ
V-Ray 3.5 for Maya 主な新機能:
アダプティブ・ライト
アダプティブ・ライト
新しいアダプティブ・ライトアルゴリズムの導入により、大量の光源があるシーンでのレンダリングが高速化(より早くノイズが収束)
V-Ray IPR (インタラクティブ・プロダクションレンダリング)
V-Ray IPR (インタラクティブ・プロダクションレンダリング)
V-Ray RTではなく、通常のV-Rayレンダラーを使ってインタラクティブレンダリングが行えます。マテリアルやライティングの変更もインタラクティブに確認できます
ルックデベロップメント促進ツール
ルックデベロップメント促進ツール
レンダーマスクでMayaの「選択項目を表示」モードをサポートし、素早く目的のオブジェクトだけをレンダリング更新できます。さらにV-RayでIPRレンダリング中にVFBから直接オブジェクトやマテリアルを選択する事もできるようになりました。
alSurface マテリアル
alSurface マテリアル
Anders Langland氏による人気のオープンソース・マテリアルシェーダー “alSurface” がV-Rayでも利用可能になりました。
GPUレンダリングの進化
GPUレンダリングの進化
V-Ray GPU の速度向上、オンデマンドのMip-Map(テクスチャーメモリの大幅な削減)、さらに数多くのプロダクション機能をGPUでサポートしました
レンダリングのレジュームに対応
レンダリングのレジュームに対応
レンダリングを停止させた後、また別のセッションで再開させる事に対応しました。この機能はレンダリングのワークフローを大きく変えるパワーがあります。
動作システム条件