V-Ray for Unreal V-Ray for Unreal

V-ray for Unreal

V-Ray for Unrealを使用すると「リアルタイム」と「レイトレーシング」の両方を手にする事ができます。

簡単に言うと

  1. V-Rayシーンがそのままリアルタイムコンテンツになります。(VR化等)
  2. Unreal Editorで直接、映画品質の高品位レイトレーシングレンダリングが可能になります。
  3. V-Ray 3ds Max、Maya、SketchUp、Rhino等のV-RayシーンをUnreal Editorに直接取り込むことができます。

また、Unreal上でV-Rayを使用して、フォトリアリスティックなレイトレーシング画像を直接レンダリング、編集することができます。

OVERVIEW

V-Ray for Unreal
既存のワークフローでOK

単に V-Rayのシーンデータ (vrscene) を Unrealで読み込むだけです。

V-Ray 3ds Max/Maya/SketchUp/Rhino等からV-Rayのシーンをそのまま質感、ライティング等を込みでUnrealにインポートできます。Unrealで再設定する必要は殆どありません。つまり、ゲームエンジンエキスパートでなくても、vrscenを読み込むだけでUnreal上にリアルタイムのデータが出来上がっています。

V-Ray for Unreal
マテリアルと照明のスマートな翻訳

V-Ray for Unrealは、V-Rayの質感や照明設定をほぼそのままリアルタイム表示できるUnreal Engineのマテリアル、照明に自動変換します。つまり V-Rayで設定シーンを簡単にUnreal Engine でリアルタイム表示できます。

また、オリジナルのV-Rayマテリアル、照明設定もリアルタイム用の属性と共存して維持されます。

V-Ray for Unreal
Unreal上でフォトリアルなレイトレーシング

既に定評のあるハイエンドのV-RayのフォトリアリスティックなレイトレーシングエンジンをUnreal Engine上で直接使用できます。V-Rayは、超高速レイトレーシングのためにGPUとCPUの両方パワーを無駄無く活用します。

V-Ray for Unreal
仮想現実(VR)への入り口

V-Rayシーンをインポートすると、Unreal EditorのVR機能をフルに活用して、即座にVRプレゼンテーション化する事ができます。V-Ray for Unrealを使えば、DCCアプリケーションから高品質で没入感のあるVR作成を素早く簡単に作成できます。

V-Ray for Unreal
世界最高品位のリアルタイム画質と映画品質のレンダリングワークフロー

V-Ray for Unrealを使用すると、同じデータからシームレスに高品位なリアルタイムデータと、映画品質のレイトレーシングレンダリング環境を構築可能です。

※V-Ray for Unrealを使用する為に Unreal Studio は必須ではありません。V-Ray for Unrealではvrsceneデータを読み込む独自機能を備えています。

主な機能

V-Ray for Unreal
マテリアル変換

V-Rayマテリアルを自動的に近似するUnrealマテリアルに変換します。オリジナルのV-Rayマテリアルも保持される為、V-Rayレンダリング時は出力元アプリケーションと同じマテリアルでレンダリングできます。

V-Ray for Unreal
V-Rayライトマップ・ベイク

V-Rayエンジンを使用してライトマップをベイクする事ができます。V-Rayレンダリングと非常に近い照明をリアルタイム表示で利用する事ができます。 ※スタティックオブジェクトのみベイクをサポートします。

V-Ray for Unreal
V-Rayレンダリング

Unrealシーンを、完全なV-Ray GPUレイトレースエンジンでレンダリングする事ができます。 ※V-Ray GPUレンダリングエンジンは非リアルタイムレンダリングです。

V-Ray for Unreal
高度なGI

V-RayのLightCache技術を使って、高品位で正確なグローバルイルミネーションをレンダリングする事ができます。

V-Ray for Unreal
GPU+CPU レンダリング

V-RayではNVIDIA社 GPU を使用したレンダリングをサポートしています。なおCPUを仮想的なGPUとして使用し、CPUとGPU両方を使ってレンダリングを実行する事もできます。

V-Ray for Unreal
シネマティクス・レンダリング

Unrealシーケンスエディタのアニメーション・レンダリングをサポートしており、シネマティクスをV-Rayでレンダリングする事ができます。 ※変形するオブジェクトはサポートされません。(3Dアプリケーションで出力された変形アニメーションを含むVRayProxyはサポートしています)

V-Ray for Unreal
ディストリビュートレンダリング

複数のマシンのパワーを活用して、レンダリングやラットマップのベイクを高速化できます。

V-Ray for Unreal
レンダーエレメント

コンポジット作業で細かなコントロールを可能とする、幅広い要素別レンダリング出力をサポートします。

V-Ray for Unreal
V-Ray Proxy サポート

システムメモリを超える高解像度メッシュもレンダリング可能とする V-Ray Proxyオブジェクトのレンダリングをサポート

V-Ray for Unreal
Unrealフォリッジサポート

Unrealフォリッジをサポートし、Unrealで作成した広大なフォリッジを含むランドスケープをV-Rayでレンダリングできます。 ※フォリッジのアニメーションをバージョンアップでサポート予定

FAQ

いいえ。V-Ray for Unreal は「リアルタイム」用としてはUnrealEditor上に、ジオメトリ、マテリアル、ライト、カメラのデータを読み込むまでのプラグインです。 読み込まれたシーンをVRで表示したり、VR用のナビゲーションを加えたり、衝突判定を加えたり、といったインタラクティブ性を追加するにはユーザー側で設定する必要があります。(UnrealEditorの深い知識が必要です)
いいえ。Unreal Editorでのリアルタイム表示は「Unreal Engine」で行われます。V-Rayでリアルタイム表示は現在できません。(V-Ray GPUでインタラクティブレンダリングは可能)
V-Ray for Unreal を使用する事に Unreal Studio は必須ではありません。(もちろん Unreal Studio と共にでもご利用いただけます。)
いいえ。データの単純化、最適化機能は含まれません。ジオメトリデータの単純化、シーンのリアルタイム最適化はvrsceneを出力する前に3Dアプリケーション側で行う必要があります。LODの設定はUnrealEditor側でデータを作成し設定する必要があります。
いいえ。V-Ray for UnrealにUVの支援機能は含まれません。UVは3DアプリケーションもしくはUnrealEditor側の機能で予め作成・設定しておく必要があります。
いいえ。計算するパソコンの台数分の「V-Ray Next レンダーノードライセンス」が別途必要です。
V-Rayの利用、非使用に関係なく、Unreail Engine を使って一定の収益を得た場合、Epic Games社の規則に基づきロイヤリティを支払う必要があります。詳しくは「アンリアル エンジンのよくある質問」を参照するか、Epic Games社にご確認ください。
現在vrsceneからのアニメーションデータの読み込みはサポートしていません。

価格案内

新規購入 Workstation
V-Ray for Unreal Workstation 1年
内容 1GUI + RN がセットになったパッケージ
サポート メール・オンライン日本語マニュアル提供
価格 ¥48,750(税別)
 購入へ
V-Ray for Unreal 1ヶ月
内容 1GUI + RN がセットになったパッケージ
サポート メール・オンライン日本語マニュアル提供
価格 ¥8,750(税別)
 購入へ
V-Ray Next RenderNode 1年
内容 WorkstationにDRを追加
価格 ¥17,250(税別)
 購入へ
V-Ray Next RenderNode 1ヶ月
内容 RNを追加
注意 nextシリーズのRNとなります
価格 ¥7,250(税別)
 購入へ
学生・教員版ライセンスは商用利用が認められていません。このライセンスは"個人の学習目的"のために低価格で提供されております。 そのため、同一製品を同時期に複数購入することはできません。
学生・教員版
アップグレード

期間中にメジャーバージョンアップがリリースされた場合、無償でアップグレード出来ます。

機能制限

期間終了時も学生/教員であれば買い直す事で12ヶ月延長できます。12ヶ月限定、商用利用不可という事以外、機能的な制限はありません。

V-Ray for Unreal 学生・教員版
内容 1年間(12ヶ月)の期間限定ライセンスです
サポート ユーザーサポートはありません
価格 ¥12,500(税別)
 購入へ
教育機関版ライセンスは公的に教育機関として認められた学校法人に提供可能なライセンスです。 商用利用は認められておりませんが、ライセンス登録を行った教育機関に在籍または在職している方であればどなたでもご利用いただけます。
学生教員版
ChaosGroup 教育機関版(学校)
サポート インストール、ライセンス以外のサポートは付きません
ライセンス 6ライセンスより
価格 Ask
 お問い合わせ

製品情報

製品名
  • V-Ray for Unreal
  • V-Ray Next RenderNode
納期
  • 発注後1-3営業日 (弊社直販の場合)
  • ※入金・お客様必要情報確認後の発注となります
納品物 発売元の都合によりパッケージは存在しません。
プログラムはダウンロードによる納品となります
サポート
  • V-Ray Next for Unreal オンライン日本語マニュアル提供(wiki形式)
  • フォームからのテクニカルサポート(学生・教員版では提供されません)
お電話・FAXでのサポートはお受けしておりません
ライセンス形態 フローティングライセンスプログラム標準提供
  • オンラインライセンス
ライセンスポリシーについて(要点抜粋) Chaos Group製品のライセンスは登録された個人または法人に所属する方のみが利用できます。
  • 個人登録:登録された個人1名のみが利用可能。(登録者本人以外は利用できません。【家族/友人なども不可】)
  • 法人登録:登録された法人に在籍する方であればどなたでも利用可能。(グループ企業や親会社/子会社は別法人となりますのでご利用いただけません。)
なお、Chaos Groupはライセンスの譲渡を認めていません。
V-Ray for Unreal 動作環境 V-Ray for Unrealの動作はUnrealEditorの動作環境に準じます
Intel® 64ビットまたは互換プロセッサー(SSE4.2対応必須)
Unreal Engine Editor version: 4.19.2/4.20.2/4.21.1
RAM: 8GB以上推奨
OS:Windows 7/8/10 64bit 以上
このページは株式会社オークが管理しています。
Original materials: © Chaos Software Ltd.     Japanese materials: © Oak Corporation. Terms of Use.