V-Ray for Revit V-Ray for Revit

V-Ray for Revit を再発見

V-Ray 5 for Revitには、リアルタイムビジュアリゼーション用の V-Ray Vision が含まれるようになりました。モデルの照明編集をより直感的にする新しいライトミックスツール。レンダリングを微調整して仕上げる事ができる新しいV-Rayフレームバッファー。さらに650を超える3DアセットをChaos Cosmosからダウンロードしてエクステリア、インテリアに配置できます。

V-Ray for Revit にリアルタイムがやってきた

ワークフローをスピードアップ

V-Ray Visionを使用すると、作業中にモデルのリアルなリアルタイムビューを楽しむことができます。リアルタイムにパースの中を歩き回って、デザインをよりよく理解し、より適切な決定を下すことができます。
マテリアルやセットアップされた照明を適用すると、デザインが即座に進化するのを確認でき、迅速な反復編集が可能になります。イメージをすばやく作成し、360度パノラマイメージをエクスポートして、ボスの承認プロセスをスピードアップすることもできます。またクライアントに基本的なデザインを提示する準備ができたら、モデルを最終的なフォトリアル品質に簡単にスケーリングできます。

Chaos Cosmosの導入

パースの品質を高めます

現在、V-Ray for Revitには、厳選されたアセットライブラリであるChaos Cosmosが付属しており、パースモデルのストーリーをより適切に伝えることができます。家具、アクセサリー、照明、植物、乗り物、人などの重要なカテゴリから高品質のアセットをパースに追加することで、モデルのインテリアとエクステリアのより高密度なプレゼンテーションイメージを簡単に作成できます。
V-Ray内から直接検索してインポートできるのでセットアップに時間を費やすことはありません。Cosmosアセットは、正確な物理スケール、自動的な詳細レベルを備えておりマテリアルも設定済みで即座にレンダリングの準備ができています。 Chaos Cosmosは、Chaos製品とレンダラー全体で一貫した3Dコンテンツエクスペリエンスを提供します。


Chaos Cosmosの詳細はこちらへ >

レンダリングを超えて

V-Rayのレンダリング機能がさらに進化
ライティング調整がより簡単に

レンダリングした後にライトを調整する事ができます。新しい「ライトミックス」機能を使用すると、シーンをレンダリングした後に、再度レンダリングしなくても、ライトの「明るさ」「色」「On/Off」をインタラクティブに調整できます。

レイヤー合成編集

新しく搭載されたレイヤー機能を使用すると、V-Rayフレームバッファー上で直接レンダーエレメントを合成し微調整して仕上げることができます。合成の為に別の編集ソフトウェアを開く必要はありません。

改善された新しいワークフロー

改良された輪郭線のレンダリング

新しいグローバルな輪郭線(Contours)コントロールを使用して、レンダリングに加える「線」をより細かく制御できるため、レンダリングにわかりやすいアウトラインを加える事がより簡単になっていいます。

合理化されたプロキシマテリアルのセットアップ

V-Ray Asset Editorを使用して、プロキシマテリアルの割り当てプロセスを簡素化しました。エディタでマテリアルを一度割り当てメッシュファイルと一緒に保存すると、この構成を任意のプロジェクトで再利用できます。

Revitマテリアルにリアリズムを追加

ディスプレイスメントはV-Rayマテリアルだけに限定されていません。これはRevitネイティブマテリアルに簡単に適用できる独自のアセットです。

新しいVRaySkyモデル

夕暮れ(マジックアワー)をレンダリングで再現できます。改良された太陽と空のモデルはより正確に空をシミュレーションし、太陽が地平線の下に沈んだ後も綺麗な夕暮れの空を描きます。

よりリアルになったマテリアル

ランダマイズでより自然に

新しいVRayUVWRandomizerマップまたは新しい拡張されたVRayMultiSubTexコントロールを使用して、シーンに多様性を簡単に追加できます。また新しいストキャスティック・タイリングオプションを使用すると、テクスチャタイリング時のアーティファクトが自動的に削除されます。

新しいレイヤーがVRayマテリアルに追加

新しいV-Rayマテリアルには、コートレイヤーとシーンレイヤーが組み込まれました。"コート"を使用するとニスを塗った木材などの反射コーティングを施した素材を簡単に作成できます。"シーン"を使用すると、シルク、サテン、ベルベットなどの生地を簡単に表現できます。

改良されたV-RayDirtテクスチャ

改善されたV-Rayの汚し(Dirt)テクスチャを使用して、SketchUpモデルに汚しを加える事ができます。雨で晒されたような"すじ"を加える事ができようになりました。

バージョンアップしたマテリアルライブラリ

好評いただいているマテリアルライブラリもアップデートされ、金属、ガラス、木材等500を超える質感(高解像度テクスチャー含む)が収録されています。新しいマテリアルはV-Ray 5 用に最適化されており、より高速になっています。

FAQ

よくある質問と回答へ

価格案内

商品名 説明 価格(税込) 購入
V-Ray 5 for Revit Workstation [永久ライセンス] 1GUI + 1RN がセットになったパッケージ ¥101,640 オンラインショップ
V-Ray 5 Render Node [永久ライセンス] WorkstationにRNを追加 ¥54,120 オンラインショップ
V-Ray コレクション (1年ライセンス) 詳細はV-Rayコレクション製品ページを参照ください。 ¥88,000 オンラインショップ

アップグレード

商品名 説明 価格(税込) 購入
V-Ray Next for Revit Workstation → 5 Workstation [永久ライセンス] V-Ray Nextから5にアップグレード ¥50,820 お見積り

学生教員版

学生・教員版ライセンスは商用利用が認められていません。このライセンスは"個人の学習目的"のために低価格で提供されております。 そのため、同一製品を同時期に複数購入する事、代理購入は出来ないためソフトを使用するご本人様がお見積りください。またユーザーサポートはありません。
商品名 説明 価格(税込) 購入
V-Ray for Revit 学生・教員版 1年間(12ヶ月)の期間限定ライセンス ¥13,750 お見積り
V-Ray 教育コレクション 学生・教員版 詳細はV-Ray教育コレクション製品ページを参照ください。 ¥20,900 お見積り

教育機関

教育機関版ライセンスは公的に教育機関として認められた法人に提供可能なライセンスです。 商用利用は認められておりませんが、ライセンス登録を行った教育機関に在籍または在職している方であればどなたでもご利用いただけます。またユーザーサポートはありません。
商品名 説明 価格(税込) 購入
V-Ray for Revit 教育機関版 1年間(12ヶ月)の期間限定ライセンス ¥13,750 お見積り
V-Ray 教育コレクション 教育機関版 詳細はV-Ray教育コレクション製品ページを参照ください。 ¥20,900 お見積り

レンタル

商品名 説明 価格(税込) 購入
V-Ray 5 for Revit Workstation 1年 1GUI + 1RN がセットになったパッケージ ¥45,100 オンラインショップ
V-Ray 5 Render Node 1年 WorkstationにRNを追加 ¥21,560 オンラインショップ
V-Ray 5 for Revit Workstation 1ヶ月 1GUI + 1RN がセットになったパッケージ ¥7,700 オンラインショップ
V-Ray 5 Render Node 1ヶ月 WorkstationにRNを追加 ¥9,020 オンラインショップ

製品情報

製品名
  • V-Ray 5 for Revit
  • V-Ray 5 Render Node
納期
  • 発注後1-3営業日 (弊社直販の場合)
  • ※入金・お客様必要情報確認後の発注となります
納品物 発売元の都合によりパッケージは存在しません。プログラムはダウンロードによる納品となります
サポート
  • フォームからのテクニカルサポート(学生・教育機関版では提供されません)
お電話・FAXでのサポートはお受けしておりません
ライセンス形態
  • オンラインライセンス
  • フローティングライセンスを標準提供
  • ※ライセンスサーバーはインターネット接続によるオンラインでライセンスを取得します。
ライセンスポリシーについて(要点抜粋) Chaos Group製品のライセンスは登録された個人または法人に所属する方のみが利用できます。
  • 個人登録:登録された個人1名のみが利用可能。(登録者本人以外は利用できません。【家族/友人なども不可】)
  • 法人登録:登録された法人に在籍する方であればどなたでも利用可能。(グループ企業や親会社/子会社は別法人となりますのでご利用いただけません。)
なお、Chaos Groupはライセンスの譲渡を認めていません。
V-Ray for Revit 動作環境
  • プロセッサー:第1世代Intel®Core ™またはSSE4.2をサポートする互換性のあるプロセッサー(x64)
  • RAM:最小8GB RAM、推奨16 GB RAM
  • ハードディスク容量:最小2GB、推奨12GB(追加のダウンロード可能なコンテンツを含む)
  • TCP / IP:IPv4のみがサポートされています。IPv6は現在サポートされていません
  • OS:Windows® 8.1、Windows 10
  • Revitバージョン:Autodesk Revit 2018、2019、2020、2021、2022
  • GPUサポート:Maxwell、Pascal、Volta、Turingベースの NVIDIAカードで、最新のビデオドライバーまたは少なくともバージョン411.31を搭載
  • V-Ray Visionには、DirectX11またはDirectX12とShaderModel5.0機能を備えたグラフィックカードが必要です。
ライセンスサーバー ChaosGroup License Server 5.X
  • Windows:8.1/10 64bit
  • Mac OS X:10.7以降
  • Linax:CentOS 6/Debian 8/Fedora 17/openSUSE 13.0/Ubuntu 14.4
  • CPU:Intel 64bit 互換プロセッサ (SSE4.2サポート必須)
  • RAM:256MB 推奨512MB
  • HDD:40MBの空き容量 推奨200MB
  • TCP/IP:IPv4のみサポート
  • インターネットへの接続必須
このページは株式会社オークが管理しています。
Original materials: © Chaos Software Ltd.     Japanese materials: © Oak Corporation. Terms of Use.