V-RAY 5 FOR CINEMA 4D ベータテスト中

どなたでもお試しいただけます。
ベータに参加する

まったく新しいV-Ray for Cinema4Dをいち早くチェック!


ビルトインされたコンポジタ(レイヤー合成)、インタラクティブなライトミキシング、
その他多くの新機能を備えています。
V-Ray 5は、Cinema4Dに間もなく登場するまったく新しいレンダリングエクスペリエンスです。

新機能

 
レンダリングを超えたツール

新しいV-Rayフレームバッファーはレンダリング後のイメージを微調整する機能まで搭載しました。もう他の画像編集アプリは必要ありません。

レイヤー合成編集
新しく搭載されたレイヤー機能を使用すると、V-Rayフレームバッファー上で直接レンダーエレメントを合成し微調整して仕上げることができます。合成の為に別の編集ソフトウェアを開く必要はありません。
ライトミキサー
新しいVRayLightMixレンダーエレメントを追加することにより、再レンダリングせずにV-Rayのフレームバッファ上でインタラクティブにライトを調整できます。1回のレンダリングから複数の照明シナリオの画像を生成できます。VFB上でのライト調整をシーンに反映させる事もできます。

 
今まで以上に高速にレンダリング

高速インタラクティブレンダリング、強力なCPUおよびGPUプロダクションレンダリング、V-Rayにはすべてが揃っています。

GPU + CPU レンダリング
パソコンのハードウェアを余す事なく使用します。V-Rayは GPU と CPU の両方を使ってレンダリングします。
GPU レンダリング
V-Ray GPUは最終品質のレンダリングをGPUで行えます。NVIDIA社の RTX 対応GPUではさらにGPUをアクセラレーションします。
高速なインタラクティブレンダリング
レンダリング完了を待つ事なくシーンのルックをインタラクティブに確認できます。ライティングやマテリアルを短時間で調整できます。

 
V-Rayに貴方の仕事をさせましょう

賢く作業するのに役立つツールを活用してください。

自動露出、自動ホワイトバランス
V-Rayフィジカルカメラでは自動露出と自動ホワイトバランスをサポート。スマートフォンで写真を写すくらい簡単に適切な露出とホワイトバランスのレンダリング出力が可能です。
NVIDIA AIデノイズ
TNVIDIA社の人工知能(AI)による超高速(ほぼリアルタイム)のデノイザーを搭載しました。ぜひ試してみてください。その速さに驚く事でしょう。

 
よりクリエイティブに

仕事に適したツールを使用して、クリエイティブなレンダリングツールキットを拡張します。

コーティングレイヤー
V-Rayマテリアルに反射コーティングレイヤーを追加しました。このコートレイヤーはV-Rayブレンドマテリアルよりも最適化されており、レンダリングが高速です。
Sheen レイヤー
V-Rayマテリアルの新しい光沢オプションを使用して、ベルベット、サテン、シルクなどの柔らかいマイクロファイバー素材をレンダリングできます。
METALNESSパラメーター
“Metalness”による反射コントールに対応。リアルタイム系と同じ物理シェーダー用テクスチャーをV-Rayマテリアルでも利用いただけます。
CAR PAINT 2 マテリアル
メモリを殆ど消費しない高度なフレーク(ラメ)生成アルゴリズムを搭載したカーペイント2マテリアルを搭載。車のラメ入り塗装をより高速かつメモリ消費無しでレンダリングできます。
V-RayDirtの拡張
強化されたV-Ray Dirtにより、溝やコーナーに生じる風化した縞や汚れ表現が簡単になりました。
新しいVRaySkyモデル
新しいSun/Skyモデルで夕焼け時と太陽が沈んだ後の空をよりリアルに再現します。

 
より設定は少く、クリエイティブにより多くの時間を

新しいルックアンドフィールを備えたV-Ray5 for Cinema 4Dは、これまでになく簡単な設定になりました。

ライト
V-Rayライトのセットアップがはるかに簡単になり、ユーザーインターフェイスが大幅に改善されました。
レンダリング、マテリアル設定、カメラ設定
改善されたUIと新しいダイナミックなパラメーターにより、セットアップ時間を半分に短縮できます。
レンダーエレメント
ドラッグアンドドロップでレンダーエレメントをフォルダにグループ化することで、レンダーエレメントを簡単に管理および配置できます。
その他の新機能
ライトパスエクスプレッション(LPE)
ジオメトリだけでなく”光の挙動”を使用して非常に効率的な合成のための柔軟なマスクを作成できます。ビルトインのプリセットやLPE生成ツールにより簡単に始めることができますが、究極の制御のためにブーリアンを備えたスクリプトが用意されています。
ブルーノイズサンプリング
レンダリング・サンプリングの初期段階でよりよいプレビューを返します。
GPUのメモリ制限を開放
GPUレンダリングでアウトオブコアをサポート(初期実装です)これによりGPUメモリを超えるジオメトリを扱う事ができます。※現在のアウトオブコアでは変形アニメーション、モーショーンブラー、ヘアー等をサポートしていません。

今すぐ V-Ray 5 for Cinema 4D, beta を試してみましょう!

注意点
V-Ray 5 for CINEMA 4Dは R20, R21, R23, S22 のWindows, Mac OS をサポートしています。R20以前のCINEMA 4Dバージョンはサポートしていません。
V-Ray 5 for CINEMA 4Dは完全に作り直されたプログラムな為、旧V-Ray for CINEMA 4Dのデータはをそのまま継承して読み込む事ができません。V-Ray 5 で再構築する必要があります。
このページは株式会社オークが管理しています。
Original materials: © Chaos Software Ltd.     Japanese materials: © Oak Corporation. Terms of Use.