V-Ray for Modo V-Ray for Modo

V-Ray for Modo 販売と開発終了のお知らせ

販売と保守の終了

V-Ray for Modo のライセンスは、2022年1月20日まで購入できます。この日以降 V-Ray for Modo のメンテナンスとアップデートは提供されなくなります。
ただし、インストーラーは、サポートの終了フェーズ(2022年12月31日)までChaosダウンロードセクションから引き続き利用いただけます。Chaos社は、サポートの終了フェーズまで技術サポートを提供します。

サポートの終了

2022年12月31日以降、V-Ray for Modo の技術サポートの提供は終了し、インストーラーもダウンロードできなくなります。
サポート終了後も引き続き製品を使用できますが、報告された問題はChaosチームによって考慮されません。

メンテナンス終了後の製品ライセンス

既存のV-Ray for Modo 製品は、ライセンス期間中は通常どおり動作し続け、永久ライセンスは今後も永続的に機能します。
有効な V-RayCollectionライセンスでは、2022年12月31日までV-Ray for Modoをご利用いただけます。

販売と開発終了について詳しくはこちらのNewsをご覧ください

製品情報

製品名
  • V-Ray Next for Modo
  • V-Ray 5 Render Node
納期
  • 発注後1-3営業日 (弊社直販の場合)
  • ※入金・お客様必要情報確認後の発注となります
納品物 発売元の都合によりパッケージは存在しません。プログラムはダウンロードによる納品となります
サポート
  • フォームからのテクニカルサポート(学生・教育機関版では提供されません)
お電話・FAXでのサポートはお受けしておりません
ライセンス形態
  • V-Ray Solo プランに関してはノードロック形式で提供されます。ライセンスを移動するにはサポートに連絡いただく必要があります。
  • V-Ray Premium、 V-Ray Enterpriseプランでは、フローティングライセンスを標準提供、ライセンスサーバーはインターネット接続によるオンラインでライセンスを取得します。
ライセンスポリシーについて(要点抜粋) Chaos Software製品のライセンスは登録された個人または法人に所属する方のみが利用できます。
  • 個人登録:登録された個人1名のみが利用可能。(登録者本人以外は利用できません。【家族/友人なども不可】)
  • 法人登録:登録された法人に在籍する方であればどなたでも利用可能。(グループ企業や親会社/子会社は別法人となりますのでご利用いただけません。)
なお、Chaos Softwareはライセンスの譲渡を認めていません。
V-Ray for Modo 動作環境 V-Ray for Modoの動作はModo本体の動作環境に準じます。
  • CPU:Intel 64bit 互換プロセッサ (SSE4.2サポート必須)
  • RAM:4GB 推奨8GB
  • MODO: 901~13
  • Windows 8/10
  • Mac OSX:10.10.x以上
  • GPUレンダリングを行うには CUDA をサポートする nVidia社製 GPU が必要です。
  • Mac OS では現在公式に nVidia社製 GPU がサポートされていない為、Mac OS上の V-Ray Next for MODOではGPUレンダリングをご利用いただけません
ライセンスサーバー Chaos License Server 5.5.0以上
  • Windows: 8.1 / 10 / 11 64bit
  • Mac OS X: 10.7以降
  • Linax: CentOS 6/Debian 8/Fedora 17/openSUSE 13.0/Ubuntu 14.4
  • CPU: Intel 64bit 互換プロセッサ (SSE4.2サポート必須)
  • RAM: 256MB 推奨512MB
  • HDD: 40MBの空き容量 推奨200MB
  • TCP/IP: IPv4のみサポート
  • インターネットへの接続必須
このページは株式会社オークが管理しています。
Original materials: © Chaos Software Ltd.     Japanese materials: © Oak Corporation. Terms of Use.