V-Ray for Modo V-Ray for Modo

V-Ray Next for Modo

V-Ray for Modo

最適化されたワークフロー

アダプティブ・ドームライト

もはやポータルライトは不要です。V-Ray Next の新しいアダプティブ・ドームライトは自動的にシーンを分析し、よりノイズの少ない「屋内の」イメージベース・ライティン グ照明を提供します。

Lightingエレメントの改良

ライティングパスのサンプルシステムが改良され通常のライトサンプリングと分離されました。これによりアダプティブドームライト使用時もアーティファクトのない一貫した 結果を提供します。

照明解析

新しい照明解析ツールを使用して、明るさのヒートマップを作成したり、照明値(グリッド)のオーバーレイを作る事ができます。シーンの照明分布を正確に分析および 測定できます。詳しくはこちら

フィジカル・ヘアーシェーダー

新しいV-Rayフィジカルなを使用して、より良いハイライト、照明の分布でヘアーを表現できます。メラニン色素コントロールを使用すると、ブロンドからブルネット、赤 毛まで、あらゆる髪の色を簡単に表現できます。個性的なキャラクターの為にヘアカラーで髪を染める事も簡単です。

METALNESSパラメーター

"Metalness"による反射コントールに対応。リアルタイム系と同じ物理シェーダー用テクスチャーをV-Rayマテリアルでも利用いただけます。

GPU VRscans

GPUレンダリングで VRscans マテリアルをサポートした事で、非常に高速にスキャンした正確なマテリアルをレンダリングできます。

 

より速くなったレンダリング

V-Ray for Modo
刷新された GPU レンダリング・コア

新しいアーキテクチャーに刷新されたV-Ray GPUコアはより強靭になりました。多くの重要なV-Ray機能をGPUでサポートした事で、実際のプロダクション・シーンをG PUでレンダリングする事ができます。

GPU ボリュームレンダリング

V-Ray GPUでフォグ、煙、炎などのボリューメトリック効果のレンダリングに対応。

GPUにてプリズム効果(dispersion)レンダリングをサポート

GPUレンダリングにて、屈折する光が波長によって分離する現象である"分散 [dispersion]"をサポート。宝石等をよりリアルにレンダリングできます。

GPUバケットレンダリング

GPUにてバケットレンダリングに対応。 マルチGPU環境、ディストリビュートレンダリングでより最適なパフォーマンスが得られます。加えてGPUバケットレンダリングではC ryptomatteエレメントの出力もサポートします。

IPR中の超高速デノイズ(※Windows版でのみ利用可能)

ビューポートIPR中に超高速で NVIDIA AI denoiser を適用できます。非常にクリアなインタラクティブレンダリングが可能です!

レンダーエレメント毎のデノイズ

ポスト処理コントロールを強化するために、レンダーエレメントへのノイズ除去に対応。ノイズ除去された"Beauty pss"に再構成することができます。スタンドアローン のデノイザーでアニメーション(時間軸)を考慮したデノイズ処理にも対応しています。

V-Ray for Modo

より賢いレンダラーへ

新しいトゥーンシェーダー

簡単にアニメ調のスタイルでレンダリングを行うトゥーンシェーダーと、より高度なライン制御ができるように改良されたVRayToonを搭載 。

新しいレンズエフェクト

完全に新しく再デザインされたレンズエフェクト機能に刷新されました。より高速かつよりリアルなレンズエフェクトを生成できます。

ローリングシャッターシミュレーション

デジタルカメラやスマートフォンのカメラでよく見られる歪んだモーションブラー効果をシミュレーションできます。

カラー補正機能がより便利に

VFBでのカラー補正情報(バックグラウンド、LUT含む)が .VRIMG および OpenEXR ファイルにメタ情報として記録されるようになりました。またLUT強度も制御できます。

メモ:
  • 対応 Modo は 901 ~ 13 となります。
  • GPUレンダリングを行うには CUDA をサポートする nVidia社製 GPU が必要です。
  • Mac OS では現在公式に nVidia社製 GPU がサポートされていない為、Mac OS上の V-Ray Next for MODOではGPUレンダリングをご利用いただけません。

主な機能

V-Ray for Modo
ツインエンジン性能

V-Rayには2つの強力なレンダリングエンジンがあります。CPUまたはGPUアクセラレーションを使用すると、プロジェクトとハードウェアに最適なエンジンを使用できます。

V-Ray for Modo
バーチャルリアリティ

人気のあるバーチャルリアリティヘッドセットのVR対応コンテンツをレンダリング可能になりました。

V-Ray for Modo
グローバルイルミネーション

高速品質とスピードのバランスを最適にするために、レイトレースとハイブリッドGIメソッドから選択出来ます。

V-Ray for Modo
正確なライト

幅広い種類のライトタイプ、シェイプ、コントロールを使用して、正確で芸術的なライティングをレンダリングします。

V-Ray for Modo
物理的な材料

正確な反射を表現する光沢フレネルを追加し、複数のレイヤーを持つノードベースの物理マテリアルを作成できます。

V-Ray for Modo
ユニークなシェーダ

特殊材料の場合は、車塗装、地下散乱、髪、肌などの目的に合わせて設計されたシェーダの中から選択できます。

V-Ray for Modo
フォトリアリスティックカメラ

露出、被写界深度、モーションブラーのコントロールを使用して、カメラとレンズをシミュレートします。

V-Ray for Modo
V-RAY DENOISER

ノイズを自動的に除去し、レンダリング時間を最大50%短縮します。

V-Ray for Modo
プロキシオブジェクト

膨大なシーンをメモリに収め、ロードオンデマンドプロキシオブジェクトを使用してレンダリング時間を短縮します。

V-Ray for Modo
ヘア&ファー

プロキシジオメトリとしてAlembicヘアとファーをインポートし、最適化されたV-Rayのヘアシェーダを使用してレンダリングします。

V-Ray for Modo
ボリュームレンダリング

最適化されたボリュームエフェクトをレンダリングし、RealflowおよびHoudiniからOpenVDBファイルをインポートします。

V-Ray for Modo
レンダリングエレメント

ビューティーやユーティリティ、マットパスにより合成を完全にコントロールし、ディープコンポジットまで完全なセットを出力できます。

V-Ray for Modo
V-RAYフレームバッファ

高度なカラーマネージメントを使用して、レンダー履歴を追跡し、色を調整し、最終的な画像出力を制御します。

V-Ray for Modo
対話型レンズ効果

GPUによって加速化されたグレアとブルームエフェクトをレンダリング中に有効または調整可能になりました。

the Foundry
MODO13 Series

Now On Sale
MODO

FAQ

よくある質問と回答へ

価格案内


※全てオンラインライセンスです。(V-RayNext Modeはドングルライセンスは提供されていません。)
商品名 説明 価格(税別) 購入
V-Ray Next for Modo Workstation 1GUI + 1RN がセットになったパッケージ 81,500 オンラインショップ
V-Ray Next Render Node WorkstationにRNを追加 43,000 オンラインショップ

アップグレード

2018年12月01日以降にV-Ray 3 for Modoを新規に購入いただいたユーザー様はV-Ray Next for Modoに無償でアップグレード対象となります。ただし無償アップグレードの受付は2019年05月15日が締切となります。

V-Ray NEXT fo Modo はオンラインライセンスのみ提供です。ドングルでご利用の場合こちらを参考にオンラインライセンスへ以降してからアップグレードをお申し込みください。
商品名 説明 価格(税別) 購入
V-Ray 3 for Modo Workstation → Next Workstation V-Ray 3.xからNextにアップグレード 40,750 お見積り
V-Ray 3 Modo → Next Modo レンタルライセンス(1年) V-Ray 3 永久ライセンスからNextのレンタルライセンスにアップグレード 25,000 お見積り

学生教員版

学生・教員版ライセンスは商用利用が認められていません。このライセンスは"個人の学習目的"のために低価格で提供されております。 そのため、同一製品を同時期に複数購入する事、代理購入は出来ないためソフトを使用するご本人様がお見積りください。またインストールサポートのみの提供です。テクニカルサポートは提供されません。
商品名 説明 価格(税別) 購入
V-Ray Next for Modo 学生・教員版 1年間(12ヶ月)の期間限定ライセンス 12,500 お見積り

教育機関

教育機関版ライセンスは公的に教育機関として認められた法人に提供可能なライセンスです。 商用利用は認められておりませんが、ライセンス登録を行った教育機関に在籍または在職している方であればどなたでもご利用いただけます。またユーザーサポートはありません。
商品名 説明 価格(税別) 購入
V-Ray Next for Modo 教育機関版 1年間(12ヶ月)の期間限定ライセンス 12,500 お見積り

レンタル

商品名 説明 価格(税別) 購入
V-Ray Next for Modo Workstation 1年 1GUI + 1RN がセットになったパッケージ [1年ライセンス] 35,750 オンラインショップ
V-Ray Next RenderNode 1年 WorkstationにRNを追加 [1年ライセンス] 17,250 オンラインショップ
V-Ray Next for Modo Workstation for Modo 1ヶ月 1GUI + 1RN がセットになったパッケージ [1ヶ月ライセンス] 5,750 オンラインショップ
V-Ray Next RenderNode 1ヶ月 WorkstationにRNを追加 [1ヶ月ライセンス] 7,250 オンラインショップ

製品情報

製品名
  • V-Ray Next for Modo
  • V-Ray Next Render Node
納期
  • 発注後1-3営業日 (弊社直販の場合)
  • ※入金・お客様必要情報確認後の発注となります
納品物 発売元の都合によりパッケージは存在しません。プログラムはダウンロードによる納品となります
サポート
  • フォームからのテクニカルサポート(学生・教育機関版では提供されません)
お電話・FAXでのサポートはお受けしておりません
ライセンス形態
  • オンラインライセンス
  • フローティングライセンスを標準提供
  • ※ライセンスサーバーはインターネット接続によるオンラインでライセンスを取得します。
ライセンスポリシーについて(要点抜粋) Chaos Group製品のライセンスは登録された個人または法人に所属する方のみが利用できます。
  • 個人登録:登録された個人1名のみが利用可能。(登録者本人以外は利用できません。【家族/友人なども不可】)
  • 法人登録:登録された法人に在籍する方であればどなたでも利用可能。(グループ企業や親会社/子会社は別法人となりますのでご利用いただけません。)
なお、Chaos Groupはライセンスの譲渡を認めていません。
V-Ray for Modo 動作環境 V-Ray for Modoの動作はModo本体の動作環境に準じます。
  • CPU:Pentium 4またはSSE2サポート互換プロセッサー
  • RAM:4GB 推奨8GB
  • MODO: 901~13
  • Windows 8/10
  • Mac OSX:10.10.x以上
  • GPUレンダリングを行うには CUDA をサポートする nVidia社製 GPU が必要です。
  • Mac OS では現在公式に nVidia社製 GPU がサポートされていない為、Mac OS上の V-Ray Next for MODOではGPUレンダリングをご利用いただけません
ライセンスサーバー ChaosGroup License Server 5.X
  • Windows:7/8.1/10 64bit
  • Mac OS X:10.7以降
  • Linax:CentOS 6/Debian 8/Fedora 17/openSUSE 13.0/Ubuntu 14.4
  • CPU:Pentium 4またはSSE3サポート互換プロセッサー
  • RAM:256MB 推奨512MB
  • HDD:40MBの空き容量 推奨200MB
  • TCP/IP:IPv4のみサポート
  • インターネットへの接続必須
このページは株式会社オークが管理しています。
Original materials: © Chaos Software Ltd.     Japanese materials: © Oak Corporation. Terms of Use.