Chaos Group

 
dummy box
V-Ray for NUKE
製品概要
V-Ray NUKEはすべてのプロダクションステージで先例がないワークフローを導入する事が可能で、NUKEアーティストおよび3Dアーティストの間のパイプラインを統一します。NUKEをご利用いただいているユーザーにもV-Rayの高度なレイトレースシステムへのアクセスを提供します。

V-Ray NUKEはAlembicキャッシュ、V-Ray Proxy、V-Ray Sceneファイル、ボリュームデータ(OpenVDB, Field3D,Phoenix FD)を読み込み、ライティング、シェーディング、レンダリング出力を完全にコントロールする事ができます。

NEWS!
V-Ray 3.5 for NUKE 新機能ビデオ


V-Ray 3.3 for NUKE 新機能ビデオ


V-Ray for NUKE の機能リスト

レンダリング
  • マルチスレッド CPU レンダリング
  • 高度に最適化された可変的なレイトレーシング
  • 正確なパストレーシングによるグローバルイルミネーション
  • V-Ray Standalone を使ったレンダリング - NUKEシーンを V-Ray Standalone を使って直接レンダリングする事が可能です。新しいVRayTranslatorノードを使用する事で、バケットレンダリング、プログレッシブレンダリング、V-Ray RT 等V-Rayのパワフルなレンダリングオプションにフルアクセス可能です。またディストリビュートレンダリングも手軽に利用いただけます。
  • VRayVRscene ノード - 新しく追加された VRayVRsceneノードは.vrsceneファイルを読み込みをコントロールします。ライトやマテリアル、アニメーション等も含めてシーンファイルを Proxyオブジェクトのように扱う事ができます。
  • 変動(Variance)に基づいた適応性のあるサンプリング [VBAS] - V-Ray 3.3 for NUKE は最新の V-Ray core エンジンにアップデートされました。先行して提供されている V-Ray for 3ds Max および Maya 同様に新しい変動(Variance)に基づいた適応性のあるサンプリング [VBAS]が使用でき、レンダリングのノイズ分布に偏りが無くなり、レンダリングイメージの品質が向上しています。
  • Deepレンダリング - Deepの生成方法を刷新。NUKE内部にDeep Dataを直接生成する事に対応し、外部出力が不要になりました。またボリュームオブジェクトのDeep出力をサポート。
  • Light Cache GI - V-RayのユニークなGI近似ソリューション「LightCache」を使用して高速にGIを近時する事ができます。さらに3.5で導入された Adaptive Lightsアルゴリズムと組み合わせる事で光源が多数あるシーンのレンダリングを7倍以上高速にレンダリングできます。
レンダーエレメント
  • レンダーエレメント出力 - V-Ray for NUKEとV-Rayスタンドアローンで生成されるレンダーエレメントを区別なく利用できる様になりました。加えて全てのレンダーエレメントとは1回のレンダリングでキャッシュされます。
  • 36 のbeauty、matte、およびユーティリティマテリアル
  • Render mask - 指定したオブジェクトが専有するピクセルだけをレンダリング更新する事ができます、部分的なレンダリングの変更を無駄なく迅速に行えます。
  • Velocity - 改良されたVRayVelocityレンダーエレメントを使用して、ポスト効果でモーションブラーを適用できます。
  • V-Ray Denoiser - レンダリング後にノイズを除去しクリーンな映像を生成します。Nuke上のVRayDenoiserはレンダーエレメントへの個別デノイズ適用、ノイズマスクの利用、Deepコンポジッド後にデノイズを適用する事ができます。
ジオメトリ
  • Alembic, FBX, & OBJ の読み込みをサポート
  • V-Ray proxy objects - Alembic & vrmesh
  • V-Ray シーンファイル - vrscene
  • Proxy表示コントロール - V-RayProxy内でオブジェクトの表示を On/Off する事ができます。
  • NUKEパーティクルでProxyをインスタンス - NUKEのパーティクルを使ってV-RayProxyを大量にばらまく事ができます。
  • V-Ray Volume Grid - Phoenix FD、Houdini、FumeFX等から出力されたボリュームデータを読み込みレンダリングする事ができます。OpenVDB, Field3D, Phoenix FD フォーマットをサポート。
  • V-Ray Clipper - 板もしくはオブジェクトを使ってレンダリング時にブーリアンエフェクトを生成します。簡単にカットモデルを作成できます。
照明
  • HDRイメージベースの環境マップライト
  • 長方形、球体型エリアライト
  • メッシュによるライト
  • フォトメトリック IESライト
  • アンビエントライト
  • NUKE ライトのサポート(Light, Direct, Point, Spotノード)
  • Sun & sky および Aerial perspective - 新しい空からのイルミネーションアルゴリズム(Hosek et alモデル)と、リアルな空気遠近法(フォグ)を生成する新しい環境効果が追加されています。
  • V-Ray Spot Light - テクスチャープロジェクション、バーンドア、ソフトシャドウを持ったスポットライトを作成できます。
カメラ
  • NUKEプロジェクションカメラ (Project3D ノード)をサポート
  • 被写界深度
  • 3Dモーションブラー
  • Spherical, cylindrical, cubeおよび魚眼タイプのカメラ
  • VR cameras - VR用途に適した球状およびキューブ状のステレオパノラマを出力する事ができます。
  • Physical camera - 実際のカメラをシミュレーションするカメラです。シャッター速度、フィルム感度、レンズ口径(f値)を使用して、露出を制御したり、撮影カメラと一致するモーションブラー、レンズ歪み等を再現する事ができます。
マテリアル
  • Two-sidedマテリアル - 紙や葉等、薄く半透明な質感を効率良く再現します。
  • 物理ベースマテリアル
  • マルチレイヤ型マテリアル
  • サブサーフェススキャッタリング&スキンマテリアル
  • カーペイントマテリアル
  • マテリアルの上書き
  • NUKE シェーダーのサポート(Diffuse, Emission, Displacement, UVTILE)
テクスチャー
  • レイヤーテクスチャ - テクスチャをレイヤー化し、様々なブレンドモードをつかって重ねる事ができます。
  • 3Dノイズテクスチャ - 新しいVRayTexNoiseノードを使用して様々な3Dノイズを生成する事ができます。
  • メモリ消費を抑えるタイル化 OpenEXRおよび.Txファイルサポート
  • ディスプレイスメントマップ&サブディビジョンサーフェス
  • Dirt&オクルージョンシェーダー
  • フレネルシェーダー
  • Ptexサポート
  • 各種ユーティリティ&テクスチャーの上書き
  • V-Ray フォールオフテクスチャ - カメラ座標、ワールド座標、オブジェクト座標等でフォールオフ・グラデーションを生成するテクスチャ。カメラのZ軸視点でフォールオフを適用する事で、サーフェース法線方向にマスクを生成する等に利用できます。NUKEのカーブエディタでフォールオフ・グラデーションを細かくコントロール可能
  • Triplanar テクスチャ - プロシージャル3Dテクスチャーのようにテクスチャーマップを多方向からタイリングマップします。オブジェクトにUVは不要です。