V-Ray for Houdini V-Ray for Houdini

V-Ray for Houdini

V-Ray for Houdini のパブリックベータはどなたでも利用可能です。

Houdini 16.5.473 以降の Windows/Linux/Mac OS をサポートしています。(Houdini Indieライセンスでも動作致します。)

ChaosGroup.com のアカウントを既にお持ちであれば、ログインして、こちらのリンクから申請してください。

オンラインライセンスとして2ヶ月間のベータライセンスが発行されます。

New features

V-Ray for Houdini
Houdini 17 Bansheeサポート

V-Ray Houdiniは最新のHoudini 17 Bansheeリリースを完全にサポートしています。

V-Ray for Houdini
IPRにおけるAI Denoiser

GPUで高速化されたNVIDIA AI Denoiserが、V-Ray IPRを使用したビューポート上のインタラクティブなレンダリングに適用されます。これによりノイズの無い高速なインタラクティブ・プレビューが可能です。

V-Ray for Houdini
GPUマテリアルの割り当て

Houdiniのプリミティブ毎のマテリアル・アサインがGPUでサポートされ、アーティストはStylesheetsとMaterial SOPを利用できます。

V-Ray for Houdini
GPUバケットレンダリング

バケットレンダリングは、マルチGPU環境でより効率の良いパフォーマンスとCryptomatteレンダーエレメント出力をサポートします。

V-Ray for Houdini
Light Selectエレメントのサポート

任意のライトまたはライトのグループを別々のレンダーエレメントとしてレンダリングし、ポスト処理にて正確なライティングのミキシングを行う事ができます。

V-Ray for Houdini
ベイクをサポート

ゲームアセットとリアルタイム環境用に、V-Rayのライティングとテクスチャ設定をビットマップにベイク出力できます。

V-Ray for Houdini
ノードベースのV-Rayシーンマテリアルのオーバーライド

V-Ray シーンファイル(vrscene)から、テクスチャやユーティリティノードを含む、完全に調整可能なマテリアルノード階層を自動的に再作成し、Houdini内で編集する事ができます。

V-Ray for Houdini
カスタムアトリビュートの統合ワークフロー

オブジェクト側にパラメーター設定(カスタムアトリビュート)を持たせる事で、単一のテクスチャノードを使用して、スプラインやパーティクルなど、あらゆるタイプのジオメトリのカスタム属性を制御する事ができます。

主な機能

V-Ray for Houdini
強力で高速なレイトレースレンダリング

GPU と CPU 両方に対応した高速なV-Rayレンダリングエンジンを使用して、快適なルックデベロップ作業や複雑で大規模なファイナルレンダリングを実行できます。

V-Ray for Houdini
ボリューメトリックレンダリング

V-Rayボリュームグリットを介してVDBファイルを高速にV-Rayボリューメトリックシェーダーでレンダリングできます。

V-Ray for Houdini
V-RAY シーンファイルサポート

Mayaや3ds Maxなどのアプリケーションから出力したV-RayシーンファイルをHoudiniで読み込み、Houdini側でプロパティを簡単に上書きできます。

V-Ray for Houdini
Alembic フルサポート

移動、回転、スケール、インスタンス化、オブジェクト単位のオーバーライドなど、Alembicワークフローをフルサポートしています。

V-Ray for Houdini
フィジカル・ヘアーシェーダー

新しいV-Rayフィジカルなを使用して、より良いハイライト、照明の分布でヘアーを表現できます。メラニン色素コントロールを使用すると、ブロンドからブルネット、赤毛まで、あらゆる髪の色を簡単に表現できます。 *ベータ1では, ヘアーは SOP geometry のみサポートします。(ネイティブヘアーは後日サポート)

V-Ray for Houdini
パーティクルシェーダー

Houdiniのカスタムアトリビュート、ポイント単位のアトリビュートを使用してV-Rayパーティクルシェーダーのカラー/アルファ/サイズなどのパラメータを変更する事ができます。

V-Ray for Houdini
パックプリミティブサポート

レンダリング時にHoudiniのネイティブのパックされたプリミティブを高速かつ効率的に処理します。

V-Ray for Houdini
マテリアルスタイルシート

グループ、バンドル、アトリビュートに基づくマテリアルのオーバーライドをフルサポート ※beta 1時点では、VEXおよびプリミティブ単位のストリング・オーバーライド(テクスチャのランダム化等)は、まだサポートされていません。

V-Ray for Houdini
インスタンス

Packed Primitives、Instancer、"instancepath"アトリビュートを使用した、任意のオブジェクトタイプの複製をサポートします。(ボリュームを含む)

V-Ray for Houdini
ライトのインスタンス

ライトのインスタンス化をサポートし、インスタンス毎にライトパラメータをオーバライドするオプションが用意されています。ライトリンクの設定も保持されます。

このページは株式会社オークが管理しています。
Original materials: © Chaos Software Ltd.     Japanese materials: © Oak Corporation. Terms of Use.