V-Ray for Houdini

究極のスピードとパフォーマンス
評価ライセンスを取得

V-Ray 5, Update 2 の新機能 

Houdiniでも是非使い慣れたレンダラーを活用してください。今まで使用してきた全てのV-Ray機能に加えて、いくつかの重要な更新が含まれています。 V-Ray 5, update 2には、Solaris用のフル機能のV-Ray HydraデリゲートとHoudini19のサポートが含まれています。新しいV-Rayデカールを利用して、UVを編集する事なくステッカー、ラベル、ひび、汚れ、引っかき傷を簡単に追加できます。さらに、最新のヘアーマテリアルの改善により、ブロンド、アッシュ、白髪の様な明るいヘアカラーをより正確にレンダリングできます。

シンプル化されたワークフローと究極のクリエイティブコントロール。

feature-thumb-Solaris-V-Ray_5_for_Houdini__update_2-690x380.jpg
V-Ray for Solarisのアップデート

Huskを介したHydraデリゲートによる、AOV、ボリュームエフェクト、およびバッチレンダリングのサポートが追加されました。また多くの機能と速度の改善を実装しました。

feature-thumb-Support-V-Ray_5_for_Houdini__update_2-690x380.jpg
Houdini 19 サポート

Houdini 19ではレイアウトとレンダリングのワークフローが大幅に改善され、V-Rayで完全にサポートされるようになりました。

feature-thumb-Decal-V-Ray_5_for_Houdini__update_2-690x380.jpg
V-Ray Decal

下にあるマテリアルを変更したりUVを加工したりせずに、任意の場所にデカールテクスチャを適用できます。複数のオブジェクトを跨いだステッカー、ラベル、ひび、しみ、引っかき傷などが簡単に追加できます。

feature-thumb-Texture_A-V-Ray_5_for_Houdini__update_2-690x380.jpg
V-Ray Curvatureテクスチャの改良

凸面と凹面の領域を個別にコントロールできる機能を追加しました。バンプマップを無視する新しいオプションにより、曲率マスクがさらに正確になります。

feature-thumb-Atmospheric_Light-V-Ray_5_for_Houdini__update_2-690x380.jpg
ライト毎のボリューム影響度

新しく追加されたボリューム寄与率コントロールを使用して、個々のライトが周囲のボリュームを照明する量を簡単に調整できます。

feature-thumb-Hair_Material-V-Ray_5_for_Houdini__update_2-690x380.jpg
Hairシェーダーの改良

アップデートされたV-Ray Next Hairマテリアルを使用して、金髪、アッシュ、白髪の様な明るい髪の色をより正確にレンダリングできます。

わずか数ステップでパフォーマンスが向上します

ACEScgサポートの進化

更新されたUIで、より簡単なOCIOセットアップが利用できるようになりました。またカラースペース変換関数に「Auto」オプションを追加し、シェーディングネットワークを構築する際に必要な労力を軽減します。

VDBからAURへの変換ROP

Chaos Phoenix のAuraファイルはVDBと比較してV-Rayでより速くレンダリングできます。新しい変換ノードを使用すると、Houdini GUIでVDBからAuraへの迅速な変換を簡単に実行できます。

Alembicワークフローのアップデート

新しく追加されたPatternIDテクスチャは、Alembicファイルを使用する際のマテリアルの割り当てを簡素化します。さらに多数のAlembicファイルを含むシーンのエクスポート、およびNUMAマシンを使用したAlembicファイルのレンダリングを高速化しました。

MakeTXユーティリティ

MakeTXツールを使用して、テクスチャを「.tx」ファイルに簡単に変換し、レンダリング時にタイルテクスチャを利用できます。これは、テクスチャのロードが速くかつメモリ消費が少なく、レンダリングが速いことを意味します。

.vrsceneへのマルチカメラ出力

カメラアングル毎に個別の.vrsceneファイルをエクスポートする必要がなくなりました。 1つの.vrsceneファイルに複数のカメラを保存できるようになった為、重いシーンでの複数カメラアングルレンダリングを効率化できます。

V-Ray Sceneマテリアルの読み込みと展開処理の改善

.vrscenesの展開がより高速になりました。Autodesk Mayaや3dsMax等の他のDCCからの.vrscenesを介したマテリアルインポートでサポートされるシェーディングノードが数多く追加されました。

 V-Ray 5 for Houdini, Update 1 の新機能 

 V-Ray 5, update 1 では、コラボレーションを容易にし、ワークフローを最適化する為の機能と改善を追加しました。まったく新しいV-Ray for Solaris (V-Ray Hydraデリゲート)を利用し USDをV-Rayでレンダリングできます。またテクスチャベイクとUIの改善により、デザインプロセスをシンプル化しました。さらにChaos Phoenixのフォームシェーダーを使用して、よりリアルな泡の表現を実現します。

効率的なコラボレーションをサポート

V-Ray for Solaris (V-Ray Hydraデリゲート) [BETA版]

特別な最適化なしで、データをスムーズに転送します。 V-Ray Hydraデリゲートが完全に機能し、よりスマートにUSD環境で作業できるようになりました。

テクスチャベイクのシンプル化

パックされたジオメトリのベイクに対応

Chaos Phoenix Foam シェーダー

Phoenix Foam シェーダーを使用すると、泡エフェクトをさらに高速にレンダリングできます。泡、水しぶき、泡などの効果に最適です。

UI のシンプル化

V-RayのUIを改善し、デザインに集中しより少ない調整でより高速な結果を達成します。

V-Ray 5 for Houdini の新機能

V-Ray 5では、全く新しく再設計され、ライトミキシングと基本的な合成のためのツールが組み込まれた新V-Rayフレームバッファーを提供します。新しい合理化されたUI、ネイティブなACEScgサポート、ライトパス・エクスプレッション等によりワークフローが最適化されて、CPUとGPUの両方で仕事がより速くなりました。

ワークフローを最適化

レンダリングを超える製品
ライトミキサー

新しいVRayLightMixレンダーエレメントを追加することにより、再レンダリングせずにV-Rayのフレームバッファ上でインタラクティブにライトを調整できます。1回のレンダリングから複数の照明シナリオの画像を生成できます。VFB上でのライト調整をシーンに反映させる事もできます。

レイヤー合成編集

新しく搭載されたレイヤー機能を使用すると、V-Rayフレームバッファー上で直接レンダーエレメントを合成し微調整して仕上げることができます。合成の為に別の編集ソフトウェアを開く必要はありません。

ライトパスエクスプレッション(LPE)

ジオメトリだけでなく"光の挙動"を使用して非常に効率的な合成のための柔軟なマスクを作成できます。ビルトインのプリセットにより簡単に始めることができますが、究極の制御のためにスクリプトが用意されています。

ACEScg カラー空間対応

V-Ray 5 では業界標準のACEScgをネイティブにサポートしており、自動的にテクスチャ、分光、Sun&Sky、色温度を自動的に調整します。

創造性にフォーカス

貴重な時間を節約する強力な機能
マテリアルライブラリ

500を超える金属、ガラス、木材等 プリメイドのマテリアルを提供。簡単に呼び出してオブジェクトに適用できます。

V-RayMtlに直接反射コーティングレイヤーを実装

V-Rayマテリアルに反射コーティングレイヤーを追加しました。このコートレイヤーはV-Rayブレンドマテリアルよりも最適化されており、レンダリングが高速です。

Sheen レイヤー

V-Rayマテリアルの新しい光沢オプションを使用して、ベルベット、サテン、シルクなどの柔らかいマイクロファイバー素材をレンダリングできます。

テクスチャーのランダマイズ

新しいVRayUVWRandomizerマップまたは新しい拡張されたVRayMultiSubTexコントロールを使用して、シーンに多様性を簡単に追加できます。

確率的(Stochastic)テクスチャタイリング

VRayUVWRandomizerの新しいストキャスティック・タイリングオプションを使用すると、テクスチャタイリング時のアーティファクトが自動的に削除されます。

V-RayDirtの拡張

強化されたV-Ray Dirtにより、溝やコーナーに生じる風化した縞や汚れ表現が簡単になり、アンビエントオクルージョンとインナーオクルージョンの両方が利用可能となりました。

新しいVRaySkyモデル

新しいSun/Skyモデルで夕焼け時と太陽が沈んだ後の空をよりリアルに再現します。

その他の新機能

合理化されたUI

V-Ray 5 ではUIの刷新によりレンダリングワークフローが大幅に改善されます。 V-Rayの自動設定を使用して、デザインに集中し、微調整やクリックを減らしてより速い結果を達成してください。

強力なGPUレンダリング

GPUでプロダクションレンダリングの速度をさらに向上させます。 V-Ray GPUでは、V-Ray 5のすべての新機能に加えて、2Dディスプレイスメント、OSLテクスチャ、およびメモリ消費の詳細ログ出力をサポートします。 GPUメモリに対してシーンが大きすぎる場合にも対応できる、アウト・オブ・コア・ジオメトリの初期サポートも追加されました。

ブルーノイズサンプリング

レンダリング・サンプリングの初期段階でよりよいプレビューを返します

ボリュームグリッドテクスチャ

V-Ray 5 Houdiniでは新しくボリュームグリッド・テクスチャを追加して、V-RayとHoudiniのネイティブOceanツールセットをより緊密に統合できるようにしました。なおHoudiniネイティブのオーシャンレンダリングはまだ開発中です。

V-Ray For Houdini 30日無制限評価版を試す

機能制限の無い、30日間評価ライセンスを無償で配布しています 。

FAQ

よくある質問と回答へ

製品情報

製品名
  • V-Ray for Houdini
  • V-Ray 5 RenderNode
納期
  • 発注後1-3営業日 (弊社直販の場合)
  • ※入金・お客様必要情報確認後の発注となります
納品物 発売元の都合によりパッケージは存在しません。
プログラムはダウンロードによる納品となります
サポート
  • 日本語によるライセンスサポート、Chaos直接の英語サポート(英語ドキュメント)は無償提供です。
  • 日本語による技術サポートは別途有償です。サポート付きパッケージをご購入ください。
全てのサポートはEmailにて対応となります。お電話での相談はお受けしておりません。予めご了承の程お願い申し上げます。
ライセンス形態
  • V-Ray Solo プランに関してはノードロック形式で提供されます。ライセンスを移動するにはサポートに連絡いただく必要があります。
  • V-Ray Premium、 V-Ray Enterpriseプランでは、フローティングライセンスを標準提供、ライセンスサーバーはインターネット接続によるオンラインでライセンスを取得します。
ライセンスポリシーについて(要点抜粋) Chaos Software製品のライセンスは登録された個人または法人に所属する方のみが利用できます。
  • 個人登録:登録された個人1名のみが利用可能。(登録者本人以外は利用できません。【家族/友人なども不可】)
  • 法人登録:登録された法人に在籍する方であればどなたでも利用可能。(グループ企業や親会社/子会社は別法人となりますのでご利用いただけません。)
なお、Chaos Softwareはライセンスの譲渡を認めていません。
V-Ray for Houdini 動作環境
  • V-Ray 5: Houdini 18 以降
  • V-Ray Next: Houdini 17.5 以降
上記 Houdini Indie/Core/FX のWindows 10 / 11 / Linux (Red Hat Enterprise Linux® 6.2+ WS, or CentOS 6.2 (64bit) / macOS(10.10.2以降) の動作環境に準拠します。

Intel® 64ビットまたは互換プロセッサー(SSE4.2対応必須)
RAM: 8GB以上推奨
GPU必要条件:
  • V-Ray GPU CUDA および NVIDIA AI Denoiser: Maxwell-, Pascal-, Volta-, Turing- 以降のNVDIA社 GPUカード
  • V-Ray GPU RTX: RTXをサポートするNVDIA社 GPUカード
Mac OSでは V-Ray GPU CUDA/RTX、NVDIA AI Denoiser はご利用いただけません。
MacOSでは V-Ray GPU CUDA を CPUでのエミュレーションで利用する事は可能です。
MacOSでは M1チップはサポートされません。
※Houdini Indie ではレンダリング最大解像度4096 x 4096 の制限があります。
(Houdini 18.x 以降のIndieから vrsceneの書き出しできるようになりました。)
ライセンスサーバー Chaos License Server 5.5.0以上
  • Windows: 8.1 / 10 / 11 64bit
  • Mac OS X: 10.7以降
  • Linax: CentOS 6/Debian 8/Fedora 17/openSUSE 13.0/Ubuntu 14.4
  • CPU: Intel 64bit 互換プロセッサ (SSE4.2サポート必須)
  • RAM: 256MB 推奨512MB
  • HDD: 40MBの空き容量 推奨200MB
  • TCP/IP: IPv4のみサポート
  • インターネットへの接続必須
このページは株式会社オークが管理しています。
Original materials: © Chaos Software Ltd.     Japanese materials: © Oak Corporation. Terms of Use.