V-Ray for Blender V-Ray for Blender

FAQ

2018年11月1日より、V-Ray for CINEMA 4D の開発・販売権利がLAUBLab社からChaos Groupに移管されます。これにより V-Ray for CINEMA 4Dは、V-Ray for 3dsMax、Maya、SketchUp と同じChaos Group製品として販売、サポートされます。 2018年11月1日よりChaos Groupから販売される V-Ray for CINEMA 4Dはレンタルライセンスのみの提供となります。永久ライセンスの新規販売は行われません。 Chaos Groupは 2018年11月1日より既存の全てのV-Ray C4Dユーザーに V-Ray 3.7 for CINEMA 4Dのライセンスを無償提供します。ただし無償提供期間は 2019年03月15日までです。 なお、無償適用される V-Ray 3.7 for CINEMA 4Dのライセンスは2020年1月15日までとなります。その後も引き続き利用するには、レンタルライセンスを購入いただく必要があります。
バージョン問わず「V-Ray for C4D」全てのユーザー様は、新しい V-Ray C4D 3.7 for CINEMA 4Dライセンスを取得する事ができます。すべての無償ライセンスは2020年1月15日まで有効です。 無償の移行プログラム提供期間は 2019年03月15日までです。 以下のフォームより申請してください。 https://www.chaosgroup.com/vray/cinema-4d/migration-request
全ての V-Ray C4Dユーザー様は 2019年03月15日まで 以下のフォームより V-Ray 3.7 for CINEMA 4D へのライセンス移行を無償で申請できます。 所有する全てのライセンスレコードが確認できるように、所有している全てのライセンスを記入してリクエストを作成してください。Chaos Groupより5営業日以内に案内メールが届きます。 https://www.chaosgroup.com/vray/cinema-4d/migration-request
2018年11月1日より V-Ray for CINEMA 4D は1ヶ月単位もしくは12ヶ月のレンタルライセンスでの提供のみとなります。永久ライセンスの提供は行われません。
CINEMA 4D R18、R19、R20 の Windows および Mac OSをサポートしています。
まず、Chaos Groupのライセンスシステムを使用する V-Ray 3.7 for Cinema 4D を無償で既存ユーザー様に提供します。Chaos Groupでは次のメジャーバージョンアップの為に開発を続けています。
V-Ray 3.7 for Cinema 4D の内容は V-Ray 3.6 for CINEMA 4D と同一です。ライセンス認証部分が、Chaos Groupのオンラインライセンスシステムに刷新されています。
V-Ray 3.7 より、Workstation ライセンス (1GPU/1 RN)として提供されます。ネットワークレンダリングを行うには、台数分のレンダーノード(RN)ライセンスが別途必要です。
はい。Chaos Group製品となった V-Ray 3.7 for CINEMA 4Dより、ネットワークレンダリング、ディストリビュートレンダリングも他のV-Ray製品同様にレンダーノードライセンスを必要とします。
はい。V-Ray 3.7 for CINEMA 4Dのネットワーク・レンダリング用ライセンスは、V-Ray 3ds Max、Maya、SketchUp、Rhino 等と共通のライセンスです。
V-Ray 3.6 C4D以前のバージョンは継続してご利用いただけます。(期間限定なし)

価格案内

RenderNode

作業マシンでのローカル・レンダリングライセンスとしても、別のマシンでのネットワーク・レンダリング(BackBurner)ライセンスとしても利用されます。

お持ちのRNライセンスが1本のみの場合、1台のマシンでレンダリングしている間は別のマシン上でのV-Rayレンダリングは実行できません。 複数のマシンで同時にレンダリングを行う場合は、その本数分のRNライセンスが必要となります。

V-Ray 3 Render Node
内容 WorkstationにRNを追加
注意 3のバージョン共通のRNとして利用可能です
※Phoenix/VRscan
価格 ¥35,750(税別)
 購入へ
ドングル

ドングルライセンスの場合Workstationとは別に購入する必要があります。

USBポートに差し込む小さなハードウェアキーです。V-Rayのライセンスはこのハードウェアキー内に記録されており、このハードウェアキーの無い環境ではV-Rayは動作しません。

Dongle License
設定 ドングルドライバーのインストール方法
注意 ドングルの紛失・故障した場合は再度購入となります
価格 ¥6,000(税別)
 購入へ
V-Ray 3 RenderNode 1年
価格 ¥17,250(税別)
 購入へ
V-Ray 3 RenderNode 1ヶ月
価格 ¥7,250(税別)
 購入へ

製品情報

製品名
  • V-Ray for Blender
  • V-Ray 3 RenderNode
納期
  • 発注後1-3営業日 (弊社直販の場合)
  • ※入金・お客様必要情報確認後の発注となります
納品物 発売元の都合によりパッケージは存在しません。プログラムはダウンロードによる納品となります
サポート
  • サポートはありません
お電話・FAXでのサポートはお受けしておりません
ライセンス形態 フローティングライセンスプログラム標準提供
  • オンラインライセンス
  • ドングルライセンス(ハードウェアロック) ※別売
購入前にどちらか一方のライセンスを選択していただく必要があります。
ライセンスポリシーについて(要点抜粋) Chaos Group製品のライセンスは登録された個人または法人に所属する方のみが利用できます。
  • 個人登録:登録された個人1名のみが利用可能。(登録者本人以外は利用できません。【家族/友人なども不可】)
  • 法人登録:登録された法人に在籍する方であればどなたでも利用可能。(グループ企業や親会社/子会社は別法人となりますのでご利用いただけません。)
なお、Chaos Groupはライセンスの譲渡を認めていません。
V-Ray for Blender 動作環境 V-Ray for Blenderの動作はBlender本体の動作環境に準じます。
このページは株式会社オークが管理しています。
Original materials: © Chaos Software Ltd.     Japanese materials: © Oak Corporation. Terms of Use.