V-Ray GPU のよくある質問

+ V-Ray GPUとは何ですか?

リアルタイムにレイトレーシングイメージを表示するレンダリング技術です。

+ 評価版(DEMO版)はありますか?

V-Rayの評価版に同梱されています。評価版のご利用方法についてはこちらからご確認ください。

+ V-Ray GPUでアニメーションをレンダリングできますか?

V-Ray RTはプロダクションレンダラーとして利用可能です。アニメーションも通常通りの手順でレンダリングできます。

+ V-Ray GPUはレンダーエレメントを生成しますか?

V-Ray 3 ではプロダクションレンダラーとしてV-Ray GPUを使う場合にレンダーエレメントを出力可能になりました。

+ Proxyはサポートしていますか?

サポートしています。

+ 例えばAfterBurnやFume FX、Phoenix FDのGPUレンダリングも可能でしょうか?

Phoenix FDはサポートしています。Fume FXは Field 3d もしくは VDBを出力し V-Ray VolumeGrid経由で読み込めばV-Ray GPUでレンダリング可能です。
AfterBurnは残念ながらサポートしていません。

+ V-Ray GPUは AMD(旧ATI)のビデオカードでも動作しますか?

残念ながらAMD系のサポートは終了する見込みです。(AMDカードをOpenCL経由でGPUレンダリング・サポートしていますが、推奨できません。)
今後は CUDA (NVDIA)のみのサポートとなるでしょう。

+ V-Ray GPUは複数ビデオカードを搭載した場合、全て使用しますか?

はい。V-Ray GPUは1台のマシン内で複数毎のGPUカードでの動作をサポートしています。

なお、V-Ray GPUの使用においてはSLIは必要ありません。

+ V-Ray GPUは複数台のマシンのGPUを使って高速化できますか?

はい、可能です。V-Ray GPUはディストリビュートレンダリングを使って複数マシンのGPUを使ってレンダリングを行う事ができます。
例えば Teslaをx1台搭載マシン5台とQuadroをx4台搭載マシン4台をGPUのディストリビュートレンダリングで使うなんて事も可能です。

+ V-Ray GPUのメモリに制限はありますか?

はい。V-Ray GPUでレンダリングできるシーンはGPUのメモリ内に収まる必要があります。
例えば1GBメモリ搭載のGPUカードをお使いの場合V-Ray RT GPUでレンダリングできるシーンは1GBに収まるシーンである必要があります。
なお通常は1GBメモリのGPUカードをx4台搭載しているマシンの場合でもV-Ray GPUが利用できる最大メモリ量は1GBです。
V-Ray 3.6 より NVLINK をサポートしました。NVLINK対応のGPUであれば、GPUのメモリを共有した環境でGPUレンダリングを実行できます。