V-Ray C4D よくある質問

+ V-Ray CINEMA 4Dの何が変わったのですか?

2018年11月1日より、V-Ray for CINEMA 4D の開発・販売権利がLAUBLab社からChaos Groupに移管されます。これにより V-Ray for CINEMA 4Dは、V-Ray for 3dsMax、Maya、SketchUp と同じChaos Group製品として販売、サポートされます。

2018年11月1日よりChaos Groupから販売される V-Ray for CINEMA 4Dはレンタルライセンスのみの提供となります。永久ライセンスの新規販売は行われません。

Chaos Groupは 2018年11月1日より既存の全てのV-Ray C4Dユーザーに V-Ray 3.7 for CINEMA 4Dのライセンスを無償提供します。ただし無償提供期間は 2019年03月15日までです。

なお、無償適用される V-Ray 3.7 for CINEMA 4Dのライセンスは2020年1月15日までとなります。その後も引き続き利用するには、レンタルライセンスを購入いただく必要があります。

+ 無償の移行プログラムとは?

バージョン問わず「V-Ray for C4D」全てのユーザー様は、新しい V-Ray C4D 3.7 for CINEMA 4Dライセンスを取得する事ができます。すべての無償ライセンスは2020年1月15日まで有効です。

無償の移行プログラム提供期間は 2019年03月15日までです。

以下のフォームより申請してください。 https://www.chaosgroup.com/vray/cinema-4d/migration-request

+ 既存ユーザーですが、V-Ray 3.7 for CINEMA 4D の入手方法は?

全ての V-Ray C4Dユーザー様は 2019年03月15日まで 以下のフォームより V-Ray 3.7 for CINEMA 4D へのライセンス移行を無償で申請できます。

所有する全てのライセンスレコードが確認できるように、所有している全てのライセンスを記入してリクエストを作成してください。Chaos Groupより5営業日以内に案内メールが届きます。

https://www.chaosgroup.com/vray/cinema-4d/migration-request

+ V-Ray for CINEMA 4Dの価格に変更はありますか?

2018年11月1日より V-Ray for CINEMA 4D は1ヶ月単位もしくは12ヶ月のレンタルライセンスでの提供のみとなります。永久ライセンスの提供は行われません。

+ V-Ray 3.7 for CINEMA 4D がサポートするCINEMA 4Dバージョンは?

CINEMA 4D R18、R19、R20 の Windows および Mac OSをサポートしています。

+ Chaos GroupはV-Ray for CINEMA 4Dをどう展開するつもりでしょうか。

まず、Chaos Groupのライセンスシステムを使用する V-Ray 3.7 for Cinema 4D を無償で既存ユーザー様に提供します。Chaos Groupでは次のメジャーバージョンアップの為に開発を続けています。

+ V-Ray 3.7 for Cinema 4D には新機能がありますか?

V-Ray 3.7 for Cinema 4D の内容は V-Ray 3.6 for CINEMA 4D と同一です。ライセンス認証部分が、Chaos Groupのオンラインライセンスシステムに刷新されています。

+ V-Ray CINEMA 4Dを新規購入するとライセンスに何が含まれていますか?

V-Ray 3.7 より、Workstation ライセンス (1GPU/1 RN)として提供されます。ネットワークレンダリングを行うには、台数分のレンダーノード(RN)ライセンスが別途必要です。

+ V-Ray 3.7 以降、ネットワークレンダリングが無制限でなくなった事を意味しますか?

はい。Chaos Group製品となった V-Ray 3.7 for CINEMA 4Dより、ネットワークレンダリング、ディストリビュートレンダリングも他のV-Ray製品同様にレンダーノードライセンスを必要とします。

+ V-Ray 3.7 C4Dのネットワークレンダリング・ライセンスは 3dsMax、Maya版等と共通ですか?

はい。V-Ray 3.7 for CINEMA 4Dのネットワーク・レンダリング用ライセンスは、V-Ray 3ds Max、Maya、SketchUp、Rhino 等と共通のライセンスです。

+ 新しいライセンスサーバーのインストール方法や設定方法の資料はありますか?

+ 既存のライセンス(VRayBridge.keyもしくはシリアル型)は引き続き使えますか?

V-Ray 3.6 C4D以前のバージョンは継続してご利用いただけます。(期間限定なし)

V-Ray 3.7 C4D以降ではVRayBridge.keyもしくはシリアル型ライセンスは動作しません、Chaos Groupのオンラインライセンスでのみ動作します。

+ 新しい CINEAM 4D用の VRayBridge.keyもしくはシリアルが欲しいのですが、発行できますか?

2018年11月1日以降、従来のライセンスタイプの発行は終了しました。

以下の申請フォームより V-Ray 3.7 用のライセンスを申請してください。Chaos Groupのオンラインライセンスが提供されます。

https://www.chaosgroup.com/vray/cinema-4d/migration-request

+ 新しいChaos Groupライセンスは、CINEMA 4Dのライセンスに紐付いていますか?

いいえ。V-Ray 3.7 for C4D以降の新しいChaos Groupライセンスは、CINEMA 4Dのシリアルを一切参照しません。ですので CINEMA 4DをアップグレードしてCINEMA 4Dのシリアルが変わっても、V-Rayのライセンスには一切影響がありません。(C4Dアップグレードの毎に申請の必要はもはやありません)

+ V-Ray for C4Dは V-Ray Cloud レンダリングをサポートしないのでしょうか?

もちろんサポート予定で開発中です。アナウンスをお待ちください。

現行バージョンでもこちらの方法でV-Ray CLOUDを利用可能です。

+ V-Ray C4D用のレンダリングライセンスを別途購入していますが移行できますか?

はい。無償で V-Ray for CINEMA 4D RenderNodeライセンスに移行できます。このV-Ray for CINEMA 4D RenderNodeは、Cinema 4Dでレンダリングする場合にのみ機能するように設計されています。V-Ray for CINEMA 4D RenderNodeライセンスは既存ユーザーの為の専用ライセンスです。V-Ray for CINEMA 4D RenderNodeを新規で購入する事はできません。新規でV-Ray 3.7 for CINEMA 4Dにレンダリングライセンスを追加する場合、購入は通常の「V-Ray 3 Render Nodeライセンス」をご購入ください。

+ Chaos Groupは V-Ray 3.6 for CINEMA 4Dをメンテナンスするのですか?

Chaos Groupが直接サポートするのは V-Ray 3.7 for C4Dからです。報告された不具合は 3.7 以降のバージョンに反映されます。

+ V-Ray for CINEMA 4Dの評価版はありますか?

V-Ray 3.7 for CINEMA 4Dより評価ライセンス(60日無制限)のライセンスをご利用いただけます。

+ V-Ray Next for CINEMA 4Dのリリース時期はいつ頃?

V-Ray Next for CINEMA 4Dに関しては開発中で、時期に関してはまだ何も決定していません。発表までお待ちください。( http://v-ray.jp のニュースを定期的にチェックしてください)