Chaos Group

 
dummy box
ChaosGroup Phoenix FD 3 for Maya
フルイドダイナミクス・シミュレーションプラグイン

PhoenixFD for Maya
製品概要
Phoenix Fluid Dynamics (Phoenix FD) for Mayaは Autodesk Maya上でリアルな流体(炎・ガス・煙)と液体をグリッドベース(ボクセル)でシミュレーションするプラグインソフトウェアです。Phoenix FDはフルイドのモーションをパーティクルでトレースしたり「飛沫」や「泡」をパーティクルで生成する機能も備えておりグリッド+パーティクルのハイブリッドシミュレーターとも言えます。

Phoenix FD 3 for Mayaでは、新しいパーティクルベースの液体ソフバ(Flip)を追加し、より液体表現がリアルになりました。炎・煙用ソルバも改良されディテール表現が大幅に向上しています。さらにクイックプリセット機能を追加し、誰でも1クリックでシミュレーションをセットアップする事ができます。Phoenix FD + V-Ray を Mayaに追加して、より高速で柔軟なフルイドエフェクト環境を手に入れてください!
製品デモ
Phoenix FD 3 for Mayaの主な特徴:
FLIP ソルバ
FLIP ソルバ

高速でよりリアリスティックな液体ソルバを実装
クイックプリセット
クイックプリセット

プリセットツールバーを標準提供。オブジェクトを選択してアイコンを1クリックするだけで煙・液体をシミュレーションする事ができます
高速なボリュームレンダリング
高速なボリュームレンダリング

ボリュームレンダリングが改良されより高速に正確なライティング、GIを処理できます
新しいファイヤ&スモークソルバ
新しいファイヤ&スモークソルバ

ファイヤ&スモークソルバが改良されより繊細なディテールで煙と炎を再現できます
様々なフォース

風やメッシュ引力等のフォースを使ってフルイドの動きをアーティスティックにコントロールする事ができます
パスフォロー
パスフォロー

スプラインパスにフルイドを沿わせる事ができます。


ライセンスに関する重要事項
  • Phoenix FD 3 for Mayaを利用するには「V-Ray 3.1 for Maya」以降が「必須」です。V-Ray 3 for Mayaをお持ちで無い場合は利用できませんのでご注意ください。
  • シミュレーションノード1台につきPhoenix FD for Maya のシミュレーションライセンスが1つ必要です。言い換えるとPhoenix FD for Maya 1ライセンスでシミュレーションできるのは1台のシミュレーションノードだけです。
  • Phoenix FDのライセンスは「シミュレーション計算」時に必要となり。計算結果のレンダリングには不要です。レンダリングは純粋にV-Rayのライセンスだけでレンダリングされます。
  • Phoenix FD 3 for Maya の新規購入よりオンラインライセンスを選択いただけます
  • Mac OS Xのサポートは現在ありません。WindowsおよびLinux版のみサポートしています。
  • Phoenix FD for MayaはMentalRayおよびArnoldをサポートしていません。
Mayaには標準でフルイドが有りますが、Phoenix FDを使う利点は何でしょう?
Phoenix FD for MayaはV-Ray for Mayaを利用しているVFXアーティストに非常に強力な追加アドオンとなります。次のような機能を提供します。
  • グリッドベースのフルイドとそれに付随するパーティクル生成のハイブリッドシミュレーション。
  • 再シミュレーションをサポート。低解像度で大まかなシミュレーションを行い、再シミュレーションでウェーブレットタービュランスを加えディテールを増強する事ができます。また再シミュレーション時に飛沫や泡のパーティクルを加える事も可能です。
  • フルイドのポテンシャルから自動的にリアルな「泡」や「飛沫」のパーティクルを生成し、専用の「泡」「飛沫」シェーダーで高速にレンダリングする事ができます。設定も非常に簡単!
  • フルイドを大量のパーティクルに変換し、フォグシェーダーを使ってディテールのあるスモークを作成する事ができます。(ポイントレンダリングに近い表現)
  • Mayaのビューポート上でのセルフシャドウ付きGPU描画をサポート。ファイナルレンダリングに非常に近い状態でインタラクティブにシェーディングコントロール可能です。GPUプレビューをAlpha付きイメージシーケンスで書き出す事にも対応。
  • V-Ray RT(CPUモード)をサポート。炎や煙はもちろん、レイトレーシングによる屈折付き液体もインタラクティブにセットアップできます。
  • Phoenix FDのシミュレーションから任意のチャンネルを取り出して「3Dテクスチャー」として利用する事ができます。これを使ってフルイドのカラーをブレンドしたり、他のボリュームシェーダーで3Dテクスチャーとして利用する等、様々な用途に利用できます。
  • 陽炎(かげろう)エフェクトを作る事ができます。
  • Phoenix FDは完全にV-Rayレンダラーに統合されています。GIは完全に相互作用しブレンディング問題も起こりません。
  • シミュレーショングリッドの内容(グリッド値)をMEL/pythonを使って完全にコントロールする事ができます。


"Phoenix FD for Maya"動作条件

こちらの動作システム条件ページを参照してください。