Chaos Group

 
dummy box
PDPLayer 購入前のよくある質問と回答
2017年05月26日更新
ここに無い質問はsupport@oakcorp.netまでお願い致します。
総合
総合
Q, PDPlayerとは何ですか?
A, PDPlayerはシーケンスプレイヤー(連番ファイル再生ソフトウェア)です。
例えば、img001.jpg、img002.jpg、img003.jpg、、、とファイル名に番号の付いた画像ファイルを直接読み込んでリアルタイム(30fps以上)の速度で再生します。
Q, PDPLayerの評価版はありますか?
A, はいあります(ただし制限付き)。ダウンロードはこちらから
動作システム関連
Q, 動作システム条件を教えてください。
A, 動作システム条件はこちらを参照ください。
Q, インターネットに接続していませんが利用できますか?
A, 利用可能です。ただしPCにネットワークカード(LAN端子)がある必要があります。
Q, Windows XP 64bit/VISTA 64 bitで動作しますか。
A, ネイティブの64bitアプリケーションとして動作致します。メモリも4GB以上利用できます。
ライセンス関連
Q, マルチスレッドをサポートしていますか?
A, 標準サポートしています。コア(スレッド)が多い程レイヤーの処理が早くなります
Q, フローティングライセンスを提供していますか?
A, 標準でフローティングライセンスシステムを提供しています。
Q, ライセンスサーバーのライセンス形式はどのようになっていますか?ノードロック(特定のPCに固定)でしょうか?
A, ライセンスサーバーはノードロックで固定されます。PCを買い換えたり、フォーマットする場合は再オーソライズが必要です。
Q, ドングルライセンスで利用する事はできますか?
A, はい。PDPlayer v1.0.3.12よりChaosGroupドングルライセンスに対応しました。ChaosGroupのドングル(V-Ray for 3dsMax、V-Ray for Mayaのドングル)をお持ちの場合、そちらにPDPLayerのライセンスを追加して利用する事ができます。ドングル型のライセンスに変更する為の追加料金は必要ありませんが、ChaosGroupのドングルをお持ちでない場合や、PDPLayer専用のドングルが欲しい場合別途ドングルを購入する事ができます。
Q, PDPLayer 1ライセンス購入してWindowsでもMacでもLinuxでも利用できるのでしょうか?
A, はい。利用可能です。ただし同時に起動できるのは購入したライセンス数に基づきます。PDPLayerのライセンス自体はプラットホーム毎に別れておらず、WinでもMacでもLinuxでも起動時に参照するライセンスは同じです。
機能関連
Q, PDPLayerのワークデータを他のソフトで読み込めますか?
A, PDPLayerで行ったカット編集データはAdobe AfterEffects、The Foundry NUKEに書き出す事ができます。またPDPLayerでAVIやシーケンス等にレンダリングして出力する事もできます。
Q, PDPlayerは立体視での再生に対応していますが、特別なフォーマットが必要なのでしょうか?
A, 単純に「右目用の画像(シーケンス)」「左目用の画像(シーケンス)」でかまいません。PDPLayerに2つのシーケンスをよみこみ、それぞれにRight,Leftの属性をセットします。後は、PDPLayerのステレオビューモードにするだけです。こちらのキャプチャームービーが参考になるかもしれません。
Q, 立体視を見る場合、特別なモニター装置が必要でしょうか?
A, PDPLayerが出力できる立体方式はアナグリフ方式とインターレース(チェッカーボード)方式です。アナグリフ方式はセロファンメガネがあればパソコンのモニターでも大丈夫です。インターレースはNTSCブラウン管や、パソコンのモニターでインターレス表示できるデバイスなど現在となってはやや特殊な装置が必要です。(合わせてシャッターメガネも必要)。PDPLayerは再生画面をWindowsのセカンダリーモニター(デュアルモニター)、DeckLink、FireWire DV out、VideoToster、BlueFish444などのハードウェアー経由で外部モニタにアウトプットする事もできます。