2008 | 株式会社オーク : V-Rayオフィシャルページ

2008

PDPlayer デモビデオ

Posted 2008-12-26

著名なCGアーティスト"Christopher Nichols"氏による PDPLayerのデモンストレーションビデオ9本をご覧いただけます。(音声は英語です。)


VRayForRhinoアップデート

Posted 2008-12-24

VRayForRhino が 1.05.29 へアップデートしました。(1.05.04 → 1.05.29)

Z深度チャンネルが働かない問題を修正

保存したGIキャッシュをディストリビュートレンダリングで使用するとクラッシュする問題を修正

アップデータは弊社サポートページよりダウンロードいただけます。


VRayForSketchUpアップデート

Posted 2008-12-24

VRayForSketchUp が 1.05.30 へアップデートしました。(1.05.03 → 1.05.30)

インストーラーが SketchUp 7 に対応

Z深度チャンネルが働かない問題を修正

保存したGIキャッシュをディストリビュートレンダリングで使用するとクラッシュする問題を修正

アップデータは弊社サポートページよりダウンロードいただけます。


PDPlayer 1.0.1.25アップデート

Posted 2008-12-08

PDPLayerが 1.0.1.25にアップデート。 主にメンテナンスリリースです。 複数起動したPDPlayer間でレイヤーやカラーコレクションをコピー&ペーストできる機能を追加しています。


Siggraph ASIA 2008

Posted 2008-12-05

ChaosGroupは来週開催される SIGGRAPH ASIA 08 シンガポールに出展致します。 イベントは終了しました


SketchUp 7 への対応

Posted 2008-11-19

Google SketchUp 7 が公開されました。 V-Ray for SketchUp は、現在提供中の V-Ray for SketchUp SR1.5 をそのまま御利用いただける事を確認済みです。再アクティベーションの必要もありません。

なお、SketchUp7にインストールする場合は、現在インストール中のVRay For SketchUpをアンインストールしてからSkeychUp7に改めてインストールしなおしてください。 旧バージョンがインストールされたままだと、単なる旧バージョンのアップデートとしてインストールされます。(バージョン別インストール対応は将来的に修正されるでしょう)


V-Ray for CINEMA 4D v1.1 リリース

Posted 2008-11-17

AUBlab社は、CINEMA 4D用VRayエンジンである「VRayForC4D」の最新バージョン v1.1をリリース致しました。このアップデートにはWin/OSX 64bit環境のサポート、VRayProxyのサポート、VRayOverrideマテリアルの追加など75におよぶ新機能、機能改善、不具合の修正が含まれています。

VRayForC4Dの開発チームはユーザーからの多くの機能リクエストに答え、さらに現在ChaosGroupから提供されている最新のV-Rayレンダリングコアv1.6に最適化を行いました。"このメジャーアップデートは今までで最も素晴らしいバージョンアップになった事は間違いありません。レンダラーエンジンの全ての部分で改良および改善が加えられスピードアップが図られています。さらに数多くの新機能も加えられています。"とLAUBlabのCEO, Stefan Laub氏は語ります。

V-RayForC4D v1.1はMAXON社のCINEMA 4D最新バージョン「CINEMA 4D R11」の32bit/64bit環境をサポートしています。また、V-RayForC4Dは、現在の所Mac OSXで動作する唯一のV-Rayレンダリング環境を提供しています。

V-Ray for CINEMA 4Dのライセンスはマルチプラットホーム対応です。(1つのライセンスでWin/OSX両方対応) ネットワークレンダリングは無制限です。

既存のユーザー様には無償アップグレードにて提供されます。ダウンロードアドレスはE-mailでお知らせしています。案内メールの到着をご確認ください。


VRayFur stylerプラグイン

Posted 2008-11-27

ChaosGroupフォーラムのこちらで、ブラシを使ってVRayFurの毛並みを整える「VRayFur styler」プラグインが公開されています。(V-Ray for Max SP2用)

この「VRayFur styler」プラグインは、3dsMaxの「頂点ペイント」モディファイヤをVRauFur用に簡素化したものです。


V-Ray for Rhino/SketchUp SR 1.5 がリリース

Posted 2008-10-31

V-Ray for Rhino および V-Ray for SketchUpの最新版となる SR1.5がリリースされました。 SR1.0で報告された不具合の修正と、新機能としてV-Ray Toonをサポートしています。

アップデートは無償です。ユーザー様はサポートページよりダウンロードいただけます。 (アップデート作業はライセンスに影響しません)

なお、現行のV-Ray for Rhino 4およびV-Ray for Sketchupに関しては、このSR1.5で一区切りとなります。開発チームは、既に次期メジャーバージョンの開発に集中しています。次期メジャーバージョンでは、ユーザーインターフェースの改善、V-Ray Proxyのサポート、マテリアルの拡張、オブジェクトおよびマテリアル単位の各種コントロール等、より大きな改良が加えられる予定です。


V-Ray 新機能:フォグ

Posted 2008-10-31

ChaosGroupフォーラムにて、新機能 3Dフォグ機能の画像が公開されました。

この機能はV-Ray for 3dsMax SP3にて提供されます。(SP3は既存ユーザーに無償提供です。)


V-Ray オブジェクトライト

Posted 2008-09-19

ChaosGroupフォーラムのこちらで「V-Rayオブジェクトライト」のテスト画像が公開されました。

「V-Rayオブジェクトライト」は、どのようなメッシュでもライト(直接光源)にできる機能です。

現在でもV-RayLightMtlがありますが、このV-RayオブジェクトライトはVRayLightのように「直接光源(ダイレクトライト)」として機能します。したがって、オブジェクトライトはGIがOFFの状態でもエリア照明を発します。ライトからの照明サンプルもV-RayLightMtlより遥かに効率的です。(照明のディテールが非常にハッキリ出せます) ライトとしてのオプションもVRayLightとほぼ同じ機能が利用できるでしょう。

この機能はV-Ray 1.5 SP3 for 3dsMaxに実装される予定です。


ユーザー作品紹介

Posted 2008-10-31

アニメーションスタジオ Aixsponza 社による Red Bull F1レーシングチームのプロモーション映像がV-RayForCINEMA 4Dフォーラムのこちらでアナウンスされています。F1史上初のナイトレースとなる2008年シンガポール市街地コースでのF1走行が見事に映像化されています。

主なレンダリングは V-Ray for CINEMA 4D 1.1 BETA(C4D R11 64bit MacOSX版)で行われています。 フォーラムのこちらにに詳細なレポートが記されています。背景(街)、コース、車が別パスでレンダリングされ、合成されたとの事です。


V-Ray ワールドツアー2008 in 東京

Posted 2008-09-12

ChaosSoftware 主催によるデモンストレーションイベント 「V-Ray ワールドツアー2008 in 東京」を開催致します。

Rhino、CINEMA 4D 用最新版 V-Rayのご案内に加え ChaosSoftware開発者による最新 3dsMax、Maya版のデモンストレーション、および開発中の注目機能 V-Ray RealTime のデモも行います。

V-Rayにご興味をお持ちの方は、ぜひこの機会にぜひご参加ください。


ユーザー作品紹介

Posted 2008-09-12

Centraal Beheers 社のコマーシャルフィルム。(ChaosGroupフォーラムスレッド) VFXはStyleWar社が担当しており、宇宙船館内の背景は全て3dsMax+V-Rayによるレンダリングとの事。(宇宙人は実写です。また宇宙線の外観のショットはSwiss International AB 社でMayaを使用) VRayProxyが非常に役立ったとの事です。


V-Ray for Maya (BETA)アップデート

Posted 2008-08-29

V-Ray for Maya ベータ版がアップデートしました。 0.85.23 → 0.85.27

主に機能改善とバグフィックスとなっています。

現在は限定カスタマ向けベータ版のWindows32/64bit版のみのリリースですが、Linux版と OSX版、パブリックベータ版もおって公開される予定です。


ChaosGroup サーバー復帰

Posted 2008-08-27

2008年8月27日 21:00 頃よりChaosGroupのシステムが復帰しました。V-Rayのダウンロード、フォーラムを御利用いただけます。

なお、ChaosGroupのデータベースバックアップが7月7日が最新であった為、7月7日以降に作成されたユーザーアカウントは全て無効になっております。※(同じ理由でフォーラムのデータも7月7日以降の書き込みが無くなっています)

現在は限定カスタマ向けベータ版のWindows32/64bit版のみのリリースですが、Linux版と OSX版、パブリックベータ版もおって公開される予定です。


ChaosGroupサーバートラブル

Posted 2008-08-26

2008年8月26日現在、ChaosGroupのWEBサーバーに問題が発生しており、新規アカウントの発行、V-Rayプログラムのダウンロード、フォーラムが利用いただけない状態です。

ご迷惑おかけしておりますが、復旧まで今しばらくお待ちいただけますと幸いです。


V-Ray for Rhino4 SR1 印刷日本語マニュアル提供開始

Posted 2008-08-04

最新のV-Ray for Rhino4 SR1 に対応した、カラー印刷日本語マニュアルの提供を開始しました。


新製品"PDPlayer"の主な特徴を公開

Posted 2008-07-07

Chaos Software, (ブルガリア共和国、ソフィア市) - Chaos Software は近日発売予定のRAMプレイヤー"pdplayer"の主な特徴を公開しました。

pdplayerの主要機能

レイヤーに別けて連番ファイルを再生

様々なレイヤーモード(加算・乗算など)

レイヤー毎にAlphaをサポート

レイヤー毎のキャッシング

多様なファイルフォーマットをサポート

After Effects および Nuke への出力

ビルトインのHTTPサーバー(コラボレーションツール)

64bit/マルチコアサポート


SIGGRAPH 2008, ChaosGroupブースとユーザーミーティング

Posted 2008-07-02

SIGGRAPH 2008 の展示会において、Chaos Softwareは ASGvis, LLC と Laub Lab と共にブース(booth #1337)を出展します。またChaosGroupユーザーミーティングが行なわれます。


V-Ray 1.5 SP2 for 3dsMax 評価版公開

Posted 2008-06-13

V-Ray 1.5 SP2 の評価版が公開されました。ただし3ds Max(design) 2009用のみ。


V-Ray for Maya(BETA)アップデート

Posted 2008-06-13

V-Ray for Maya(BETA)0.85.23 がリリース

linux, OS X(darwin)用の0.85.23 ビルトがリリースされています。Windows用も追ってリリースされるでしょう。合わせて、vrimg2exr for Linux もリリースされています。


ユーザーインタビュー「PURE」

Posted 2008-06-13

プロフェッショナルV-Rayユーザー「PURE」社 Marc Gruber-Laux氏のインタビュー記事を掲載


ユーザー作品紹介

Posted 2008-06-13

ChaosGroup Forumのギャラリーに投稿された中から注目の作品を紹介


V-Ray for 3dsMax 1.50.SP2 アップデート

Posted 2008-04-21

2008年4月19日 Chaos Software は V-Ray - 1.50.SP2 (1.50 service pack 2) をリリース致しました。 既存ユーザー様へ無償で提供されます。

V-Ray 1.5 サービスパック2 は Autodesk(R) 3ds Max 2009(R) および Autodesk(R) 3ds Max Design 2009(R) をサポートしています。

さらにこのアップデートでは次のようないくつかの新機能が含まれています。

VRayIESフォトメトリックライト

VRaySimbiontMtl (ネイティブにDarkTreeのマテリアルを読み込むマテリアル)

VRayFurのフリッカーを著しく低減する VRayShadowMap シャドウプラグイン

アンビエントオクルージョン等を1パスで生成する、VRay_ExtraTexレンダーエレメント

そのほか、既存機能の改良、不具合の修正があります。


V-Ray for Maya (BETA)アップデート

Posted 2008-04-21

V-Ray for Maya ベータ版がアップデートしました。 0.85.20 → 0.85.22

主に、オブジェクト毎のディスプレイスメント対応、V-Ray Simbiontマテリアルの追加。V-Ray VFB表示サポート、その他機能改善とバグフィックスとなっています。

現在はクローズドベータ/パブリックベータ版のWindows32/64bit版のみのリリースですが、Linux版と OSX版も後日公開される予定です。

V-Ray for 3dsMax 最新情報 and 作品紹介 (27日ムービー追加)

Posted 2008-03-27

V-Rayリアルタイムプレビューレンダリングデモ

V-Ray for 3dsMax の次期メジャーバージョン(v1.6系列)にて搭載予定のリアルタイムプレビュー機能のデモ映像が公開されました。なお、この機能の提供時期はまだ未定です。

なお、V-Ray 1.5系列の3dsMax版は、3dsMax 2009のリリースと同時期に V-Ray 1.5 SP2 サービスパックのリリースを予定しています。こちらはmax2009の対応と不具合の修正が主な内容となります。


ユーザー作品紹介

Posted 2008-03-27

おなじみ、SWAY Studio社の作品。フルHD解像度でレンダリングされ 100% CG作品です。掛かった期間は14人のチームで6週間。主な使用ソフトは 3dsMaxとV-Ray、最終合成にNuke。 モーションブラーと被写界深度の殆どはvrayのphysical cameraで生成。(1-2ショットだけ通常カメラ設定のVRayDOFを使っているそう)


V-Ray for Maya (BETA)アップデート

Posted 2008-01-29

V-Ray for Maya ベータ版がアップデートしました。 0.85.16 → 0.85.20 主に、Maya2008への対応。機能改善とバグフィックスとなっています。

現在はクローズドベータ版のWindows32/64bit版のみのリリースですが、Linux版と OSX版も後日公開される予定です。